「AMI全国高校集会① オープニングの歌と演奏」

3月31日から4月1日までの2日間、
数学教育協議会
第23回全国高校集会が
岩手大学で行われました。

31日は、11時から
「教具展」と「おもちゃ箱」という
楽しいお祭りイベントがありました。

午後からは、長きにわたって
数学セミナーの編集長をされていた
亀井哲治郎さんの講演があり、
その後、私は2時間程講座を担当しました。

花巻北高校在任中の
最後の仕事でありました。

講座のタイトルは

「38年の数学教員生活に悔いばかり
~子どもたちから学んだことあれこれ~」

というものです。

そんな、好きなことを漫談チックに
語り散らかそうという内容だったのですが、
たくさんの方々が参加してくださり、
驚くやら恐縮するやらありがたいやら。

今回から何回かに渡って、
その講座の内容を
記していこうかと思っています。

講座のメニューは次のとおりです。

AMI0331-01LT.jpg


Ⅰ オープニングアイスブレイク
①解の公式歌 
②移項の歌

Ⅱ 生徒たちとの思い出より
①因数分解うんち君の思い出 
②4寸勾配の話し
③-1×(-1)はなぜプラス 
④ようこそ生き馬の目を抜く世界へ
⑤多角形にまつわるいろんな話
⑥Nさんとマクローリン展開

Ⅲ 花北最終講義より
①今年のセンター試験集合の問題より
②今年のセンター試験微積の問題より
③昨年の東大の問題に挑戦



実は、沖縄から参加されていた
漢那先生が、オープニングの
歌の動画を撮影してくださっておりました。

その動画をいただいたので、
今回はそれを一挙に紹介したいと思います。

①「解の公式歌」


ところで、
「解の公式」の歌詞には

「君は覚えているだろうか
2人で歌った解の公式を」

という表現が登場します。
これは、自己言及型
パラドクスの構文ですよね。

こんな図で説明しました。

kainokosiki.gif

②「移項の歌」練習版


③「移項の歌」本番


④「通分の歌PART1」


⑤「通分の歌PART2」


因みに、「解の公式歌」は
青森県の中村潤先生作詞作曲です。
「移項の歌」と「通分の歌」は
青森県の教育実習生の方が
作られたと聞いています。

 

「花北最終講義より」

退職して少し時間ができたので、
備忘録を兼ねて、
少しずつ過去のことを
まとめてみることにしました。

今回は、3月16日に行った、
私の最終講義からその一部を
記しておきたいと思います。

講義は、1年生3クラスずつを
55分2セットに展開して行われました。

オープニングアイスブレイクは「移項の歌」。

数学大好きさ~♪のところで、
皆に「スキスキ!」と
合いの手を入れてもらいながら
気持ち良く歌わせていただきました。

s-lastcl10.jpg

s-lastcl09.jpg

s-lastcl08.jpg

ロックバージョンで演奏しました。

実はツェッペリンの
Immigrant Song「移民の歌」の
リフを使おうと思ったのですが、
そんなマニアックなことをしても
誰も気づかないと思ってやめました(笑)。

続いて、今年のセンター試験の問題と
昨年の東大の問題を扱いました。

s-lastcl13.jpg

s-lastcl06.jpg

s-lastcl07.jpg

s-lastcl02.jpg

s-lastcl04.jpg


生徒みんなの目が輝いていて、
とても楽しく、充実した時間を
過ごすことができました。

s-lastcl16.jpg

s-lastcl15.jpg

この中から、センターⅠAの
集合の問題のところを
ショート動画にまとめてみました。



生徒とは最初で最後の授業なので、
今回はあまり知られていない
ベイチ図の紹介というテーマで
授業を展開してみました。


尚、動画は、放送部の生徒が
秘かに撮ってくれたものです。
仕掛けていただいた八重樫先生
ありがとうございます。

ベイチ図は複数の集合の
結びや交わりを表すのにとても便利。

ベイチ2次

3ji.jpg


授業で扱ったのは3次のベイチ図ですが
4次のベイチ図も少し説明しました。

ベイチ4次

授業の中で、5次以上のベイチ図は
どのように表せるか
という問いを投げかけたところ、

何と離任式の日に、4人の1年生が
校長室に訪れてくれました。

こんな図を示してくれました。

ベイチ5次

それだけではありません。

ある生徒はABCDの4次のベイチ図は、
ABC3の3次のベイチ図を2つ並べて、
一方をDが含む形にすればよい、
そして、この方法を使えば、
何次でも拡張できることも
説明してくれました。

素晴らしい!

また、立体にするアイデアを
話してくれる生徒もいました。

中でも面白かったのは、
ベイチ図からベイチ図への写像を考え、
その写像を集合とみなすというアイデアです。


例えば、6次のベイチ図は、
図のような写像で表すのだそうです。

ベイチ6次

この話してくれたO君は、
総合的な学習の自由研究で
このことを研究したいといってくれました。

嬉しいですね。

4人との数学談議、とても楽しかったです。

さて、最終講義の授業に戻ります。

最後の生徒のお礼の言葉は、
私の講座がふっとぶほど凄すぎて・・。

s-lastcl11.jpg

s-lastcl05.jpg

感動するとともに、
今回の授業を仕掛けてくださった
花北数学科の先生方の思いやりに感謝です。

夜の部は紫波町の「サ・カ・バ真魚板」で
数学科の送別会。

lastcl12LT.jpg

人の温かさに触れた一日でした。

 

第23回全国高校集会

明日から4月1日までの2日間、
数学教育協議会
第23回全国高校集会が
岩手大学で行われます。

明日は、11時から
「教具展」と「おもちゃ箱」という
楽しいお祭りイベントがあります。

午後からは、長きにわたって
数学セミナーの編集長をされていた
亀井哲治郎さんの講演があり、
その後、2時間程講座を担当します。

今年度最後の仕事であります。

私の他の講座担当者は、
先日お世話になったばかりの
琉球大の伊禮先生、
北海道を中心に数学の啓蒙活動を
行っている成田先生、
京都橘大の森原先生
という重鎮達であります。

私の講座のタイトルは

「38年の数学教員生活に悔いばかり
~子どもたちから学んだことあれこれ~」

というもので、好きなことを
漫談チックに語らせていただこうと思います。

もしよろしければご参加ください~。

「おもちゃ箱」は
数学の教員でなくても楽しめます!

要項はこちらです→




 

お世話になった方巡りからの「せがわ京染店」

数日前から花巻市内で
お世話になった方々に
挨拶まわりをしています。

盛岡のお菓子
「ココロ・オクル・ショコラ」を
100個程用意しました。

s-moriokasyokora03.jpg

s-moriokasyokora01.jpg

s-moriokasyokora02.jpg

一昨日は、
本校の職員がいつもランチで
お世話になっている、
ブーシュリー・ドゥ・キムラで
素敵な女将さんとのトークを楽しみ、

英会話教室のスピークアップで
フィルさんと会話し、

そして国際交流協会と、
花巻市の国際交流室も訪問し、
お世話になった人たちへの
お礼を述べてきました。

ちなみに、市役所では
市長さんともお会いすることができました。

上田花巻市長は、
アポなしの訪問にもかかわらず、
定例記者会見の隙間を縫って
お会いしてくださいました。

そして、お昼はまた、
いっぱいお世話になった
ソーベーズカフェで。

s-DSC_1415.jpg


ランチの後、
先日Kenny’s Barでお会いした
瀬川卓哉さんのお店
「せがわ京染店」の前を偶然通ったので、
ふらりと立ち寄りました。

店内に入ったら、
銀河夢小紋染という
オリジナルな技法によって染められた
ハンカチに目が釘付けになりました。

s-DSC_1418.jpg

s-DSC_1416.jpg


2年間花巻にいたというのに、
こんな素敵なものがあることに
気づかずにいたとは!

早速購入しました。

せがわ京染店の
ホームページはこちらです→★★

瀬川さんと銀河夢小紋染の話や
音楽談議にしばし花を咲かせ、
楽しい時を過ごしました。

ところで、こちらでは、
お店の奥の部屋で、
お楽しみイベントとして
音楽のライブなどが催されています。

因みに、4月21日には、
有志による「一発芸大会」が
企画されています。

私も早速申し込みました!

自由人となる私ですから(笑)。

一組10~15分で次々と
音楽や朗読や手品など、
「一発芸」を披露していくのだそうです。

楽しそうですね。

私は息子と一緒に何かやろうかな。

皆さんも参加しませんか?

s-DSC_1420.jpg


 

「ビートルズとその周辺」やります!

先週の土曜日、kenny’s bar で
オヤジの集まりがありました。

kenny’s bar とは、花北職員である
「健一(Kenniti)」さんの
家の離れにある「隠れ家」のこと。

オーバー60のオヤジ達が
少年になる場所、ですね。

s-kennysbar03.jpg

s-kennysbar02.jpg

話し合ったことは
4月15日(日)に花巻市の
「賢治の広場」で行う
「ビートルズとその周辺」という
レコードコンサートの
企画についてです。

薪ストーブを囲んで、
ビートルズのレコードを聴きながら
打合せをしようということでしたが・・

かけたレコードは、

SteppenwolfのBorn To Be Wild、

Three Dog Nightの
Old Fashioned Love Song、

The Doobie Brothersの
Long Train Runnin'、

Les Paul & Mary Fordの
World Is Waiting For The Sunrise、

CCRのHave You Ever Seen The Rain?、

Joan BaezのWe Shall Overcome、

その他

友部正人、吉田拓郎、大瀧詠一等々。

全然ビートルズに近づかなかったというね。

私も実行委員の一人として関わります。
皆さん気軽においでください。

大野木工の球体スピーカーを
持っていきますよ!

15日(日)、賢治の広場
10時から17時までです。

s-kennysbar01.jpg