ウミホタル

昨日は19:00から、
地区懇談会(大野地区)が行われました。

今回は、これまでの形式を大きく変え、
オープニングに
理科の実験授業を取り入れました。

実は、この夏、
神戸常磐大学の栗岡誠司先生から、
たくさんのウミホタルを
いただいていましたが、
遂に、今日実験をすることができました。

地域の皆さんもとても喜んでくださいました。
良かった良かった。
栗岡先生ありがとうございました!

では、本校の葛西先生による
ウミホタルの実験の様子をご覧ください。



この地区懇談会を経験して
大野高校としての生涯教育への関わり方
のようなものが見えてきた。

教師の強みは「授業」という
コンテンツを持っていること。
であれば、広く地域にコミットし、
その「授業」を積極的に提供することで
地域との絆を深めることができる。
学校・地域・子どものトライアングルが
より強固になる。

学校統廃合問題が取りざたされる中
現場教師ができることは、
こんなふうに、教育屋としてのスタンスで
足元の一歩を照らしていくことなのかもしれない。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/999-c7d52a2b