熊峰さんとの素敵な出会い

今日は、とっても素晴らしい
出会いがありました。
中国の生んだ天才書道家である
熊峰(ユウフォ)さんが、
大野の卓球の指導者である、
同郷の章(ショウ)さんとのつながりで、
大野高校に来てくださいました!

私は、今日は盛岡に出張だったのですが、
町会議員で、洋野町国際協会の
役員でもある南さんから連絡を受け、
これは凄い!と、
大急ぎであちこちに電話をして、
午後の書道の授業に
来ていただくことができました。

熊峰さんは、中国江西省南昌市生まれ。
2002年、中国政府が選定した
「世界49カ国で活躍している
中国人書家・画家」に選ばれている方で、
社団法人日中書法芸術協会、
国際臨書協会会長などもされています。
現在横浜に在住していて、
大学でも教鞭を執る傍ら、
メディア等でも活躍されています。

2010年には
上海万博日本館漢字芸術総監督に就任し、
日本館のテーマ「聯接」(つなぐ)の
二文字を書いた方としても有名です。

http://ameblo.jp/yuhousho/

私は、出張の関係で、
授業には間に合いませんでしたが、
夜の懇親会に参加することができました。

いやあ、本当に「心」を大切にされる
素晴らしい方です。

本当は、一枚書いてもらうのに、
相当な値段だろうと思われるのですが、
「お金ではない。今日は心をつくる」
「大野は第二の故郷」と、
朗らかに飲んで、いっぱい語り、
そして、一人一人に
どんどん書いてくださいました。

そして、何度も乾杯し、何度も握手し、
涙も見せながら、本当に楽しく
感動的な夜をともにしました。

私は「競争・協奏・共創」という言葉を
書いていただきました。

熊峰02

逆向きのものも書いて下さいました。

熊峰03

章さんの奥様の太極拳とのコラボは感動でした。



この出会いをきっかけに、
これからも絆を深めていくことを約束して、
素晴らしい国際交流の幕を閉じました。

熊峰さん、ありがとうございます。

家宝にします!

熊峰01


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/990-957f4be7