収穫祭前夜

今日は、夕方から、
明日のマツタケ収穫祭の準備のために、
お母さん方の有志の方々が
学校に来てくださいました。

生徒が1人1合もってきた米をとぎ、
人参、ゴボウ、舞茸を切り込んで、
舞茸ご飯の仕込みを行います。

舞茸ご飯は、
マツタケが少なかったときのために
準備しているのですが、
実は、今年のマツタケは豊作で、
有り余るほどあります。

これは、ジャンケン大会で、
生徒に食べさせよう
ということになりました。

また、ジャガバターを美味しく食べるための
ジャガイモの下茹で、
そして、焼き芋もすぐ焼けるようにと、
サツマイモも下茹でしておきます。

300個近い量なので
半端ではありません。

しかし、大野のお母さん方の
手際の良さは何なんでしょう。

ほれぼれするような手練の手さばきと、
絶妙のチームワーク。

作ることと片づけることを
同時進行で行いながら、
2時間余りで完了しました。

そんなお母さんたちの、
底に流れているものは、
子どもたちへの愛情です。

明日は皆さん感謝して食べましょう。



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/978-78bf9bf5