収穫祭での松茸ご飯のために

昨日、帯島の小沢一男さんの家に
おじゃましました。

小沢さんは、大野高校の
里山整備マツタケプロジェクトの仕掛け人、
産みの親であります。

9日の収穫祭のご案内をしていたのですが、
残念ながら所用で来られないとのこと。

ところが、そのかわりにということで、
何と生徒の松茸ご飯用にと、
こんなに沢山の松茸をいただきました。

小沢松茸01


しかも、きちんと処理され、袋に小分けにし、
冷凍の状態でいただきました。

小沢さんによると、松茸は冷凍にし、
それを解凍せずにそのまま調理すると
香りが出るとのこと。

その他、松茸ご飯にするには、
傘の部分は放射状に切ることや、
茎の部分は縦の向きではなく、
横に切断する方向に切ることなど、
様々な工夫を教わりました。

お陰様で、当日松茸が採れなくても、
松茸ご飯が楽しめます。

小沢さんありがとうございました。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/977-ad1af4be