マツタケ・ドリーム

先日、大野の山の名人である
小沢一男さんが突然学校に見えました。

この日の朝採った巨大松茸を
見せていただきました。

まつたけ01

凄い!
40cm近くはあるでしょうか。
しかもズシリと重いのです。

小沢さんに聞くと、市場では
5万~10万円の値がつくとのこと。

いやあ、目の保養でした。
通りかかる生徒達に見せると皆びっくり。

ところで、写真の小さい方の
松茸でも10cmほどの長さです。
大きい松茸はその
ほぼ4倍というところでしょうか。

さて、では、巨大松茸が
5万~10万円とすると、
小さい松茸の値段は
いくらぐらいと推察できるでしょう。

1/4倍だから
値段も1/4とするのは間違い。

食べる量は松茸の体積で
考えなければなりませんね。

相似比が1:4のとき、体積比は
相似比の3乗に比例するので、1:64

つまり64分の1ということになりますね。

なので、だいたい800円
というところでしょうか。
だいたい妥当な値段ですね。

「ここでも数学が役立っているだろ」と、
そんな話を得意になってカミさんにしたら、
「結局重さを計ればいいんでしょ」
とさらっといわれました。

ま、そういうことですね(汗)。
密度が同様であれば、
体積と重さは比例するわけですからね。

でも、小沢さんからいただいた
松茸を見せたら目を丸くしていました。

まつたけ02

これでも、半分くらい
人に差し上げているんです。

というわけで、この週末は松茸三昧でした。

塩焼き、バター焼き、松茸ご飯・・・
そして、一度やってみたかった
松茸のすき焼き。

まつたけ04

夫婦2人でたっぷりいただきました。
喉の奥が震えるほど美味かったです。

すみません。
嫌らしい記事になりました。

大野の魅力はこの松茸でもあります。

10月9日に、大野高校では、
里山整備事業マツタケ収穫祭が
1日行事で行われます。

全校生徒と地域の方が一体となって、
マツタケ山に入って収穫します。
そしてその後、
PTAの方たちとの食事会を行います。

また、10月7日には、
カミナリキノコで有名な
岩手大学教授の高木先生の
講演も予定しております。
参観希望の方はご一報ください。


ところで

最近、職員と生徒達が
一生懸命整備した里山が、
心無い人たち(県外らしい)によって
荒らされているという
情報が入っています。

収穫祭当日まで、本校職員、
大野高校を守る会の人たち、
消防の人たちが見回りを行います。

本校が1年かけて行っている、
地域と一体となって実施する
大きな学校行事です。

どうか、看板の掲げられている山には
絶対に入らないようお願いします。

まつたけ07

まつたけ05

まつたけ06




 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/941-ca0a403c