AMI全国大会

昨日から、数教協の全国大会のため、
東北高校小松島キャンパスに来ています。

昨日は、確率の講座をやらせていただきました。

2時間半もの長丁場でしたが、
参加者の皆さんのおかげで、
とても楽しく行うことができました。

やはり、ペアやグループ活動を
入れることによって、
モチベーションが高まることや、
知識を集めて、
確かなものにできることを実感しました。

講座で話したことは
また後でまとめたいと思います。

この大会は、全国から一騎当千たる
実践家の方と交流できることが楽しみです。

0802-07.jpg

0802-08.jpg
ユニークな教具がおもちゃ箱のように
展示されています。


今回も多くの方々と交流することができました。

0802-06.jpg

足立久美子先生が折り紙で「東北に虹を」
というプロジェクトを行っていました。
足立先生とは、先生が田園調布雙葉高校
にいらっしゃったときから、お世話になっています。
震災後は、何度も東北に支援をいただきました。
昨年は、岩手県教委主催のセミナーにも
講師で来ていただきました。

0802-02.jpg

音楽家でもある広島の河村旬一郎先生から、
圧巻の「数理音楽入門」の
自作教材をいただきました。

音楽の中にある数理をこれほど丁寧に
わかり易くまとめているものはないでしょう。

私は、河村先生とカナダのケベックで
行われたICME7(国際数学教育者会議)で
ご一緒させていただいて以来、
彼から数学と音楽について
多くを学ばせていただきました。

0802-03.jpg

私のブログのハニカム構造の話を
読んでいただいた、
愛知の岡崎高校の広田祥治先生から、
何と、本物のスズメバチの巣をいただきました。
遠路から、わざわざ持ってきていただきました。
ありがとうございます。

広田先生は西三サークルという
杜陵サークルが目標としている数学サークルで
つねにクリエイティブな発信をされています。

こうして見ると、
本当に精密な六角形の構造ですね。

ピラミッドに円周率が潜んでいることが
不思議だとよくいわれますが、
それなら、蜂の巣はもっと神秘ですね。

蜂は六角構造を知っているわけはないのに、
それが自然に生じるのと同様、
古代人は円周率を知らなくても
ピラミッドに円周率が生じることは、
不思議なことではありませんね。

0802-04.jpg

懇親会で、久しぶりに
野崎昭弘先生にお会いし、お話しました。

野崎先生は今年、春の叙勲で
瑞宝中綬章を受章されました。

私は高校時代、
先生の本で数学の楽しさに目覚めました。
中でも、50万部ベストセラーの「詭弁論理学」、
日本翻訳文化賞を受賞した
「ゲーデル・エッシャー・バッハ」の超訳
(はやしはじめ・柳瀬尚紀とともに)、
安野光雅氏との共著の「あかいぼうし」
などの数学絵本など、私は愛読しています。

不完全性定理や、組合せ理論、
グラフ理論も先生の著書で勉強しました。

野崎先生は、世界的な数学者でありながら、
自身の名誉やお金のことには見向きもせず、
人々の平和や、子どもたちの未来をいつも考え、
全国で地道な実践をされている
学校の先生方にスポットライトを当てて、
教育を変えようとしている、
本当に尊敬すべき先生です。

0802-09.jpg

神奈川大学の何森仁先生と。
この日も楽しく飲みながら
先生のお話を伺いました。
何森先生は、セッセンサーやサイドタはじめ、
現場ですぐ役に立ち、しかも数学的な考えや
数学の楽しさを実感できる教材や教具を
開発する天才です。

実は、また今度、凄い教具を●十万かけて
作成したとのことです。
公開が楽しみです。


そのほか、本当に多くの方々との出会い、再会
があり、充実した一日でした。

ちなみに、仙台はもうじき七夕が始まりますね。

0802-05.jpg
(仙台に住む私の姪も参加しています。姪から道案内をしてもらいました)

今日も、楽しい実践を発見しに、
大会二日目に参加します。


 

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/ 08/ 03( 月) 20: 02: 38| | # [ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/929-81b70fce