星空コンサート

昨日は、「ひろのまきば天文台」で行われた
第6回北のハーモニー星空コンサートに
出演しました。

私が所属しているのはグリーンエコー。
結成25年という歴史あるグループです。

眼下に広がる大草原をバックに、
そして星空を仰ぎながらのコーラス。

本当に、贅沢な時間です。

「まきばの子牛」という曲に入る前に、
「あっ、あそこに牛がいる。あっちにも、こっちにも」
というセリフがあり、
それにあわせて、我々もあちこち指をさす
という前振りがあったのですが、
本当にあちこちに牛が、
のんびりと草を食べている風景が目に入り、
指をさしながら思わず微笑んでしまいました。

ちょっとした前振りを入れたり、
太鼓が入ったり、
ラストでは、ハプニングを用意したり、
とても楽しい内容だったと思います。

三浦先生の素晴らしい演出力でした、
そして、先生の本当に皆を楽しませる
指揮に感心しながら、
気持ちよく伸び伸びと歌うことができました。

私は、この4月からグリーンエコーに入り、
週1回の活動を行っていました。
そもそも、合唱の経験がほとんどない私ですが、
講師の三浦先生の、
いつも楽しい気持ちにさせてくれる指導と、
周りの皆さんの温かい心遣いで、
なんとかここまでたどり着きました。

爽やかな夏空の中、
そして、多くの大野高校生はじめ、
ハートフルな大野の人達に見守られ、
楽しく歌い終えることができました。
温かい声援ありがとうございました。

途中でどうしても、
紫波の自宅に戻らねばならず、
後ろ髪を引かれる思いで、
天文台を後にしました。

大野高校の吹奏楽部の「星に想いを」を聴けず、
そして、十六夜の名月を、
51cmの天体望遠鏡で観ることができず残念!

0801星空01
天文台長の阿部さんの挨拶。
水上町長さんもかけつけてくださいました。


0801星空03
私たちの前に演奏した、レクイエム・プロジェクト北いわて合唱団
レクイエム・プロジェクトは、阪神・淡路大震災の犠牲者
追悼のために2008年に神戸で生まれました。
自然災害のみならず、戦争で傷ついた地域にも広がり、
全国各地に広がりをみせている合唱プロジェクトです。


<グリーンエコーをフィーチャーした動画です>


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/928-ab493738