数学の読みものおススメこの一冊

以前、県内の数学科の先生方の
個別訪問をしていたときに、
そのまとめの冊子「個別訪問の所感」に、
おススメの数学の読みものを紹介していました。

その中からピックアップしてブログでも
時々取り上げていこうと思います。

■博士の愛した数式/小川洋子(新潮社)
80分しか記憶が持たない
数学者「博士」と「私」と「ルート」のピュアで、
知的で、そして切ない愛の物語。
博士の愛した数式はご存知  e^πi+1=0
ですがこのストーリー全体のモチーフとして
「完全数」を中心とした数論の面白さが
取り上げられています。

生徒に読ませたいし、
この本を使って授業を展開するのも面白い。
尚、著者と藤原正彦氏の対談集
「世にも美しい数学入門」(ちくまプリマー)
もお薦めです。
博士の愛した数式


■天地明察/冲方丁(角川書店)
江戸時代の天文学者(であり碁打ちで数学オタク)
渋川春海の生涯を描いた時代小説。
春海が全国を測量し、
日本の新しい暦法を策定するまでの過程が
見事に描かれています。
関孝和などの和算家も登場しますが、
あらためて、江戸時代の
日本の優れた知性に感動を覚えます。
和算がらみの小説では
「算法少女」(遠藤寛子・ちくま学文)もお薦めです。

天地明察


■数の悪魔/H.M.Enzensberger
  訳:丘沢静也(晶文社)

数学本ブームといっても、
数学の本は売れるとしてもたかが知れています。
しかし、10数年前にこの本の初版が出たとき、
一般の小説などを凌いで、
空前のベストセラーとなったのは有名です。
子ども向けに書かれていますが、
数学に落ちこぼれた大人達が、
この本で数学の面白さや楽しさに
目覚めたという反響も多かったですね。
数学教師としては、著者の講演を記録した
「数学者は城の中」(日本評論社)
も是非読みたいところです。

数の悪魔


■美しい数学シリーズ(全6巻)/
 画:安野光雅 文:野崎昭弘・森毅

安野画伯は日本を代表する絵本作家です。
それでいて、数学・科学にも造詣が深い。

私は学生時代「数学セミナー」(日本評論社)
に連載していた氏の「算私語録」
の大ファンでした。
絵本とはいっても、友人である
森毅・野崎昭弘という
格別の数学者との共著なので、
実は組合せ論や論理に関する
堂々たる数学書でもあります。
巻末に大人向けの解説もついています。

安野光雅


尚、安野氏の絵本では、
「はじめてであうすうがくの絵本1~3」(福音館)
もお薦め。
日本にはこんなに凄い本があるのに、
眠ってしまっているのは本当にもったいないです。

今回はこの辺で。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/906-19955682