福島の酒に乾杯!

昨日から2日間、福島市の
グリーンパレスで行われた、
東北六県高等学校長研究協議会
に参加してきました。

岩手からは7人でしたが、
福島県からなんと102名もの
校長先生が参加されたため、
総勢150名近い参加者の下、
とても充実した会となりました。

私は、今日、
「課題探究力を育成する高校教育の取組」
について、
岩手県の事例を発表させていただきました。

各県の先生方と情報交換するのは
とてもありがたく、
早速、明日の「大野高校を守る会」との
作戦会議に活かせる
タイムリーな話題をいただきました。

そして、昨晩の懇親会では、
仙台二高の校長先生で、
宮城県の校長会会長でもある渡邊先生と
お会いすることができました。

私は、渡邊先生のお蔭で、
宮城県の先生方と繋がりを持つことができています。
本当にお世話になっている先生です。

そして、

福島県の先生方のおもてなしに感激しました。
実は、何を隠そう福島県は
「全国新酒鑑評会」金賞受賞数が
2年連続日本一という酒どころなのです。
福島県人は奥ゆかしいので、
あんまり宣伝していないとのこと。

そういうわけで、懇親会には、
ずらりと福島の名酒がラインナップされました。

私の隣の席の内田先生が、
いろいろな酒を持ってきては
振る舞って下さいました。

とりあえず写真の5種類制覇。
どれも素晴らしいお酒でした。

福島酒LT


私の一番は、磐城壽かな。
ボディがしっかりしていて
旨みがあるのはもちろんですが、
私の名前の「壽」があることと、
そして、津波と原発事故で被災した
浪江町の復興の酒でもあるからです。

震災で蔵は全滅したのですが、
たまたま検査のために
福島県ハイテクプラザに預けていた
酵母が生きていたことから、
現在は、山形県の鈴木酒造が
蔵を引き継いでいるとのこと。

なおさら、味がしみますね。

夕方、自宅に戻りました。

今日はカミさんが岩手山登山なので、
くつろぎながら夕飯を作りました。

相変わらず手抜き系
「~しただけの料理」シリーズです。

だけのものLT


今日はもう飲まないつもりでしたが・・・



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/890-5dc02aec