進学専門部大学進学懇談会の講演について

明後日の6月19日(金)、
岩手県高教研進学専門部大学進学懇談会
(かつての16校会議が拡大したもの)
で講演をいたします。

● 日時 6月19日(金)15:10~16:50
● 場所 サンセール盛岡
● 対象 県内高校の参加希望教員
● 演題 「これまでの進路指導を振り返って今思うこと」
  ~私の「活動報告書」と「学びの設計書」~

演題の副題は、
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
平成28年度から始まる、
京都大学特色入試の
提出書類から拝借しました。

講演では2つのことをお話しする予定です。

一つは私のこれまでの経験談です
(これが「活動報告書」)。

その中から、特に、大学進学懇談会
という場でもあるので、
進路指導に関わった内容で、
もしかしたら皆さんの学校でも
取り入れることができるかもしれない
という話題を提供したいと思います。

二つ目は、授業改善についての話を
どうしてもしたいと思います
(これが「学びの設計書」)。

今、アクティブラーニングが、
いよいよ本格的に進められようとしています。
このとき、16校会議のスタンスは問われます。

「倫理無き経済は罪悪であり、
経済無き倫理はただの寝言」

という言葉がありますが、

「アクティブラーニングなんていう寝言は無視。
国公立の大学実績、
難関大への合格達成が何より」

と旗を振り続ける前に、立ち止まって欲しい。
そして、今世界中で起こっている
「授業パラダイムから学習パラダイムへの移行」
という流れを踏まえて、
自分たちはどう対応し、
またはどう変わっていくべきか、
ということを考えなければならない。

そのへんのことを話したいと思います。

話だけでは飽きますので、
ワークを入れようとも考えたのですが、
人数も100人を超えそうなので、
最近の授業動画を紹介しながら
進めていこうと思います。

当日用いるスライドのサムネイルを
3枚ほど紹介します。
16kou-01.jpg

16kou-02.jpg

16kou-03.jpg


これらは、松下佳代先生(京大)の
「ディープアクティブラーニング
と教授学習パラダイムの転換」
(東信堂)の内容を参考に作成したものです。



では、明後日よろしくお願いします。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/860-61e610a5