初任研とまきば天文台

5月11日の夜から4日間、
ネットが使えない環境にいたため、
記事の更新が途絶えておりました。
こういうSNSデトックスも時にはいいものですね。

さて、5月11日から3日間、
本校で理科の初任研が行われました。

私は、12日から3日間出張だったため、
1日だけのお付き合いでしたが、
8名の初任者の方々と、
とても楽しく過ごすことができました。

本校のような小規模の学校に
注目し、初任研の会場に
設定していただいたこと、
とても嬉しいです。

考えれてみると、

大野高校は、校舎の裏に大規模な
太陽光パネルが設置されていること(物理)、

工芸などのものづくりが教育課程に
位置付けられていること
(苦しいけど物理)、

自然科学部が八戸北高校の
SSH協力校としてタンポポの研究に
取り組んでいること(生物)、

近くに「ひろのまきば天文台」があり、
そこで様々な取組みを行っていること
(地学)、

毎年マツタケプロジェクトを
実施していること(生物)、

等々、理科の初任研には
適している学校かもしれません。

この日は、初任者の先生方に
私の経験談やこれからの授業の在り方など
1時間ほど話をさせていただきました。

そして、研修終了後、皆さんを
「ひろのまきば天文台」に招待しました。

皆さんの了解を得て、
そのときの動画をアップいたします。




牛が見守る、広大な「まきば」で、
星を眺めること小一時間。

皆さんすっかり打ち解けあっていました。

初任者研修のいいスタートが
切れたのではないかと思います。

さて、私は、今日、つなぎ温泉で行われた
研修を終え、夕方に学校に戻りました。

初任研で授業を担当した沼井先生に、
11日の天文台見学良かったね、と話をすると、
先生はこんなことを言いました。

「自分は何度も天文台で星を観ているので、
星を観ることよりも、
この天文台と大野から見える星空を、
初任研の先生方が喜んでくれる
顔を見ることが嬉しかった」


この話に、我が同志!と膝を打ちました。
自分が大好きな大野のことをもっとアピールしたい、
そして大野の良さに笑顔になってくれる人を
見ることが自分の幸せである。

沼井先生も私も大野&大野高校LOVEですね。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/815-f533a4da