大野と大野高校の熱烈な応援団

昨日は、大野高校の第14代校長である
中村先生が、私に会いに
はるばる横浜からおいでになりました。

中村先生は平成15年から3年間
大野高校で校長をつとめられました。

何を隠そう、
彼は私の高校時代の恩師でもあります。
倫理を習いましたが、
本職は日本史の先生です。

中村先生は、大野村と大野高校を
こよなく愛し、当時から
本校が統廃合問題を抱える中、
つねに生徒目線、地域目線に立ち、
あらゆることを仕掛け、実践し、
発信してきた辣腕の校長先生です。

あのマツタケプロジェクトの創始者であり、
卓球の専門家として
現在の本校の活躍の
基盤をつくられた先生でもあります。

学校存続問題では、平成16年に、
地域の有志達を組織して
「大野高校を守る会」を結成しました。

ここに貴重なる、
総決起集会の檄文を紹介します。
まるで幕末のような、
当時の熱い思いが伝わります。

是非ご覧ください。

「宣言 教育の桃源郷たる
大野高校の存続を訴える」


管理職が、地域からのクレームや、
職員から嫌われることを恐れたり、
「まず県教委の顔色を伺って」
などという「守り」の姿勢に入ることは、
学校が変化できない
一つの要因でもあると思います。

そういう点で、中村先生は、
「地域とともに歩む大野高校の存続」
というブレないポリシーを持ち、
何者も恐れず、
ポジティブに改革に邁進されました。

この日は、4時間近く、
先生から当時の話を伺い、
まさに「闘魂を注入された」思いであります。

これからも、本校と大野を
見守っていただきたいと思います。

20150502-01.jpg
当時の資料をもとに大野高校への
熱い思いを語る中村先生。

20150502-02.jpg
中村先生が校長時代に作った石碑の前で。
「君が憂いに我は泣き我が喜びに君は舞う」

 

コメント

下町校長先生、あなたの創るこのホームページは素晴らしい内容です。特に昨日のものは恥ずかしい限りのあたし関係のものでしたがきっと、かつての僚友たちに最初のフレッシュな思いを思い出させてくれるでしょう。翼会の人々も何かを感じてくれることでしょう。どうか、これからもいっぱい、下町校長のユニークな発想でアクセス+++の数がパンクするくらい奮闘してくださることを祈念しております。頑張れ下町校長!大野の古き友人たち
!熱き心で前進せよ!!1
泣けるぜのみっちゃんより                                         
2015/ 05/ 04( 月) 09: 15: 45| URL| 中村三千男# -[ 編集 ]
 
中村先生その節はありがとうございました。先生とその仲間の方々と懇親を深め、明日の学校経営のヒントと活力をいただきました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。
2015/ 05/ 04( 月) 10: 09: 35| URL| しもまっち# -[ 編集 ]
 
下町校長あなたのちきじゅミントの連携する姿勢は素晴らしい限りです。どうか連休明けの毎日を充実してお暮しください。横浜の地から下町校長背bb製の御活躍見守っております。ナカムラ三千男


2015/ 05/ 06( 水) 19: 32: 22| URL| 中村三千男# -[ 編集 ]
 
泣けるぜみっちゃん先生。ありがとうございます。
明日の連休明けに、吹奏楽部の動画をアップしたいと思います。先生からいただいたマツタケ山の写真も何らかのかたちで紹介できればと思います。
「ちきじゅミント」は「地域住民と」ですね!
2015/ 05/ 06( 水) 20: 01: 11| URL| しもまっち# -[ 編集 ]
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/ 05/ 07( 木) 19: 12: 22| | # [ 編集 ]
 
日々ありがとうございます。
今日は、大正寺にいったり、夜は合唱に参加したり。
楽しく過ごしております。

HPも少しずつですがアップしております。
まだまだではありますが、大野高校と大野の地の良さを
発信していきたいと思っております。

また、先生と語り合える日を楽しみにしております。

今後ともよろしくお願いします!


2015/ 05/ 07( 木) 21: 32: 14| URL| しもまっち# -[ 編集 ]
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/ 05/ 08( 金) 11: 59: 21| | # [ 編集 ]
 
熱いメッセージありがとうございます。
本日「深山さくら」の原稿を見つけ、先生の礼状と併せて読ませていただきました。
深山さくらと、3つ宝の伝統を継承したいと思います。
大野高校ホームページ更新しましたので、ご確認いただければ嬉しいです。
今日、初めてマツタケ山に行きました!
周囲の山と見比べると本当に整備されていることがわかり感激しました。
あの看板は凄いですね。10年前に作ったのに、今の自分に何かを
訴えているようでした。

あの看板の板は小沢さんが持ってきたものですよね。
文言はどなかが考えたものでしたのでしょうか。

2015/ 05/ 08( 金) 22: 15: 11| URL| しもまっち# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/805-c9eeef68