少年のような・・

先日の日曜日、グリーンヒル大野で、
「大野高校を守る会」の代表、
「マツタケプロジェクト」仕掛け人など、
大野高校の応援団ともいうべき方々4人が、
私の歓迎会という意味もこめて、
懇談の場を設定してくださいました。

大野高校の未来や、
今後のマツタケプロジェクトの方向性など、
深夜まで、熱く熱く語りあいました。


でも、その話の内容は、
大野高校のことばかりではありませんでした。

「宇宙は有限か無限か」とかを
飲みながらも真剣に議論するんですね。

あるいは、
「すべての出来事は、すでに決定されていること」
という決定論的な哲学を語る人がいて、
それに対して、皆がああでもないこうでもないと
議論が始まるのです。

私は、思わず微笑んでしまいました。

皆さんゆうに60歳を超える大先輩なのですが、
なんというピュアで
少年のような人たちなのでしょう。

いや、このようなロマンチストであり続ける
人たちだからこそ、
大野高校はこれまで支え続けてこられた
のかもしれない、

などと思った、まきばの夜でした。

グリンヒル部屋
宿泊したグリーンヒル大野の部屋。
とても立派で、しかも町民割引で安い!

ベランダ眺め1

ベランダ眺め2


ベランダから眺めるまきばの風景が爽快です。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/800-faa0a43c