星に想いを

今日は念願の
「ひろのまきば天文台」に行きました。

それはそれは素敵な時間でした。

最初は、スタッフの三本木さんに
アテンドしていただき、
月、金星、木星、シリウスなどなど、
春の星座を望遠鏡で眺めました。

感動的でした。

私のガラケーで写真を撮りましたが
いかがでしょう。

20150425天文台ー01

もっと拡大率をあげたものは

20150425天文台-02
クレーターもよく見えます。

20150425天文台-03
木星です。ガリレオ衛星が見えています。
目で見ると、もっとはっきりとわかります。

20150425天文台-04

20150425天文台ー06
大野高校自然科学部の研究成果も
展示されています。

その後、台長の阿部さんのお話を伺い、
そして、この日の8:02に見えるという、
イリジウム・フレアを、
参観者の皆がアウトドアで観測しました。

イリジウムフレアとは、
高度780kmに打ち上げられている、
数十個の通信衛星が、
ある時期に、太陽の光を反射し、
地球に美しい光の影を落とすという現象です。

たまたま、今日と明日が
その日だったとのこと。
なんという幸運!

皆が、西の空を眺めていたら、
北斗七星とアルクトゥルスの間に、

流れ星よりゆっくりの速さで、
美しい星の光が見えだしました。

「UFOだ!」思わず叫びました(心の中で)

「だんだん明るくなっていきますよ」
三本木さんがいいます。
果たして、その通り。

輝きを増しながら、光の筋を描いていきます。
私は瞬きもせずに、眺めていました。

得難い経験をしました。


実は今日、江藤由布さんがフェイスブックで

「人が毎晩星を見上げれは、
ものの見方は随分変わってくるだろう。」

という言葉とともに、
こんな記事をシェアされていました。

If people looked at the stars each night,
they’d live a lot differently
– when you look into infinity,
you realize that there are more important things
than what people do all day.
(Bill Watterson)

この記事が頭にあったのでしょう、
星空を眺めながら、
心が洗われる思いをし、
胸がいっぱいになりました。

そして、頭の中では、
When You Wish Upon a Star
の旋律がまわっていたのは
いうまでもありません。(^^)

20150425天文台-05



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/793-38cf98ec