給食があるんです

本校では、既に給食が始まっています。
そうです。大野高校には給食があります。

地域の食材を使い、
大野の給食センターが手をかけて、
愛情込めて作って下さっています。

小学校、中学校と同じメニューなのですが、
違いは、高校ではご飯がつかないこと。
そして、小中では
大野木工の食器を使っていること。

生徒は、ご飯だけを持ってくればいいのです。

栄養バランスが取れているメニューであること、
家庭にお弁当をつくる負担をかけないこと、
そして皆で分け合い、
食を共にする習慣を身につけること、
費用が格安であること。

いいことづくめですね。

まさに地域ぐるみ。


何より、大野に住む全ての子どもたちが、
皆、昼に偶然にも(いや必然ですね)
同じものを食べているということに、
私は、シンクロニシティというか、
連帯感、一体感というものを
抱いてしまいます。


もちろん職員の分もありますよ。
昨日は、キノコソースのハンバーグ、
ブロッコリー
キャベツとベーコンのスープ、
フルーツのヨーグルト和え、

給食0421

そして、今日は、出汁巻き卵、
ほうれん草などの野菜の胡麻和え、
イチゴ、とん汁

給食0422

これで、1食180円を切ります!

いつもありがとうございます。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/787-4bc4aaac