初任の頃

今でも忘れられない答案があります。

それは、30年以上前、初任のときの
因数分解の小テスト。

因数分解死ね01

因数分解死ね02



全問こんな感じ。笑ってはいけない。

彼は、入学試験で数学0点、
時に教室からいなくなったと思ったら、
トイレでシンナーを吸って
ふらふらになっているような生徒でした。

私は悩みました。
そんな彼らに
数学を通して伝えることは何なのか。

そもそも数学を教える意味があるのだろうか。


いろいろな本を読んだり、
研修会にも行ってはみましたたが、
そこには解答はありませんでした。

とりあえず「明日をしのぐ」ノウハウや、
生徒を管理して授業を成立させる
授業技術論が中心であり、
そのようなものに私の心は動きませんでした。

そんなとき、当時の数教協の
小沢健一先生や何森仁先生、
江藤邦彦先生など東京の実践家の
先生が書いたものに出会いました。

それは衝撃的でした。

そこには、明日の授業を成立させる
ために生徒を管理するのではなく、
生徒と一緒に数学を楽しんで、
授業を盛り上げ成功させよう
という「何か」がありました。

何より数学のエッセンスがあり、
著者の数学教師としての
自負がビンビン伝わってきたのです。

私は「これだ!」と膝を36回も叩きました。
その後、角材を大量に買ってきて
工作をしたり、野外実験をしたり、
数学をまずは自分が楽しみました。

思い出すと、若気の至りのような
恥ずかしい授業ばかりでしたが、
生徒は、私の数学を「実技数学」と呼んで
とても楽しんでくれました。

ところで,件の「因数分解=うんち」君は
無事卒業しました。

卒業の日、彼が目に涙を浮かべながら
私のところに来ました。

「先生、7の段の九九って、1桁目の数字が
1から9まで全部出てくるって知ってだが」

まったく。

何を言うかと思ったら。

でも、
「すげえな。それ自分でみつけたのか。
知らねがったあ」

私も泣きながらこたえていたんだけれど。

多分、私が数学大好き先生だからと、
彼なりに、私のために精一杯考えた
言葉だったに違いない。

私の数学教員のスタートはここからでした。
今でも、この答案は思いだします。
授業で悩んだ時に戻る原点でもあります。

生徒と一緒に数学を楽しむという
自分の授業スタンスができたのは、
初任で彼の答案に
出会ったからかもしれません。

さて、進学校に行くと、
またそれなりの苦労があります。

面白い授業は、基礎基本を育てないとか、
受験の学力をつけない
ということをいう同業者もいます。
でも、私は進学校でも、
むしろ進学校だからこそ、楽しい授業、
生徒がドッとわく授業は必要だと思います。
私はそのことによって受験の学力が
つかないとは少しも思いません。

論語に「知之者不如好之者,好之者不如楽之者」
(之を知る者は之を好む者に如かず、
之を好む者は之を楽しむ者に如かず
:知ることは好きであることに及ばない。
好きであることは楽しむことに及ばない)
という一節があります。

私はこの言葉を次のように解釈します。

楽しく教えるためには、背景に高い学識や
深い教材研究がなければできない。
教師は楽しく教えることをサボってはいけないのだ.
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/759-2190050d