杜陵サークル3月の例会

昨日は、岩手大学で杜陵サークルの
例会が行われました。

仙台ピザ旅行から盛岡駅に到着後、
そのまま歩いて岩手大学に。

久しぶりに、岩手大学農学部の
植物園を散策しました。

0307例会ー02
宮沢賢治のモニュメント。

私は、盛岡三高数学科通信
28号~30号の内容について、
ささやかな発表を行いました。

今回は、神奈川大学の何森先生が
急遽来盛し、多面体に関する
3つの話題を提供されました。

<話題1>
何森先生試作中の、
多面体作成キット「スケルドロン」。

鉄製の正多角形のフレームを
テフロン製のチューブでジョイントして
様々な多面体が容易に作れます。

0307例会ー04
ストローで作るものなどと違い
安定感、高級感あります。

0307例会ー05
キットにはチューブ210個
正三角形32個、正方形18個
正五角形12個、正六角形20個入っていて

5種類の正多面体と
14個の準正多面体を作ることができます。
チューブ(辺)と鉄製多角形(面)
にバラされますので、オイラー標数などの
勉強にも使えそうだと思いました。

材料費が高いので、
市販化はまだ難しそう。
現在15セットあるとのことです。

<話題2>
何森先生が講師をしている
多摩美大の学生に
「多面体を1つ作れ」
という課題を与えたところ、
こんな作品が提出されたとのこと。

0307例会ー07
飛び出す直方体。

0307例会-08
これは、試作モデル。
現物はもっと大きいそうです。

0307例会-10
樹脂で作った多面体。
これは切頂八面体ですね。
中に恐竜が入っていました。

0307例会ー01
立方体ですが、これはもう芸術作品ですね。

さすが美大生、どの作品を見ても、
数学を楽しんでいることがわかります。

<話題3>
0307例会-09

上写真の16個の凸多面体は、
京都大学大学院認知情報学系教授の
立木秀樹先生が考案した
イマジナリキューブというものです。

これを、何森先生が
ペーパークラフトで作成して
持ってきてくれました。

この立体は全て、直交する3方向から
正方形に見えるという共通点があります。

つまり、直交する3平面にすべて
正方形の影が投影されるということです。

立木先生のイマジナリキューブ紹介のサイトはここです
 ↓
http://www.i.h.kyoto-u.ac.jp/~tsuiki/icube.html

型紙も公開されているので、
皆さんもチャレンジしてみては?

何森先生の多面体の3つの話題。
どれも興味をひく内容でした。


明日が小宮山先生の誕生日。
ということで記念写真。

0307例会ー03


小宮山先生には、
本校の学校評議員をお願いしています。

昨日は、朝から深夜まで楽しい一日でした。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/744-7283d168