懸賞問題(10つくり)

昨日行った講演での、懸賞問題の話の続きです。

懸賞問題は、全部で3つあげました。
その中の一つは次の問題です。

1~9の中の4つの異なる数字に対して
四則演算を施すと必ず10を作れることが
証明されている。
例えば、1,2,5,6ならば
(6÷2-1)×5
などとすればよい。
では、3,4,7,8の4つの数で10を
作ってみよう。使えるのは、
+-×÷とカッコのみ。
(ルートなどはだめ)
また、数字を並べ替えるのは良いが
34や48などと結合させてはいけない。


講演の中では、時間が無く、懸賞問題
について触れることができませんでしたが、
取組んでくれた人がいました。

嬉しいですね!

2組の山谷さんと、4組の佐々木さんが
正解を見つけてくれました!

これは、結構難しい組み合わせです。

答は示しませんので、このブログを見ている
アナタも、是非チャレンジしてみて下さいね。

山谷さんと佐々木さんには、
明日、豪華プレゼント(チロルチョコですけどね)
を差し上げます!


 

コメント

分数ありなら
(3-7÷4)×8
でいけますね

分数無しはわかりません
2015/ 03/ 06( 金) 10: 44: 25| URL| 名無しさん# -[ 編集 ]
 
正解です!途中分数を経由しようと
条件に忠実な演算ですからOKです。
これは、数学の先生でもなかなかできませんよ。
因みに、これ以外の解はありません。

コメントありがとうございます!
2015/ 03/ 06( 金) 20: 06: 59| URL| しもまっち# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/740-3f55028c