一足早く春の訪れ

今日の盛岡は大雪でした。
でも、とても温かい出来事がありました。

それは、12月に、本校を訪問した
鹿児島県の甲南高校の2人の先生から、
突然、素敵なお菓子のプレゼントが
贈られてきたことです。

さくらさくら

その名も「さくらさくら」。
しっとりとした求肥の上に、
桜の花の塩漬けが添えられているという、
とてもお洒落で上品なお菓子です。

手紙には、
「盛岡は寒いでしょうから、
一足早く春をお届けします」
という言葉が書き添えられていました。

ありがたいですね。


これからの教育現場に必要な視点として、
「脱内向き」
「外部リソースの活用」
「他校・他業種との連携」など、
外との「繋がり」が
強調されているこの頃ですが、

そんな立派なことをいくら語っても、
「人への心遣い」が根底になければ
本当の繋がりなど得られない。

そんなことを、
甲南高校の先生方の温かい
お気遣いから感じることができました。

西橋先生、特手先生
ありがとうございました。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/704-196f4b00