「数学教室」1月号

「数学教室」1月号が届きました。

数学教室2014年1月号

連載「数学という名の自由の翼」
今月から2回にわたって
偏差値をテーマに書いています。

今回は、偏差値を語る前に
代表値と散布度について
まとめてみました。

例えばこんなことを書いています。

問題
のんきぐま自動車学校と、
マドンナウサギモータースという
2つの自動車教習所があります。
それぞれに通う教習生100人の、
運転免許学科試験の平均点は、
「のんきぐま」が80点、
「マドンナ」が50点ということです。
ところが、人気があるのは
「マドンナ」なのだそうです。
なぜでしょう。


こんな問題をグループで話しあわせます。
「マドンナ」は教官が皆優しい、
などという答えが出てきます。

私が用意した答えは、
次のようなものです。
それぞれの教習所の得点分布を
ヒストグラムで表します。

【のんきぐま】
のんきぐま自動車学校

【マドンナ】
マドンナモータース

注意することは、
運転免許の学科試験は
90点以上とらないと合格しないということ。

これを見ると、「のんきぐま」は
1人の合格者も出していないのに対し、
「マドンナ」は半数の合格者を出しています。

この問題でいいたいことは、
平均という「代表値」だけで
物事を判断するのではなく、
分布の様子を調べることも
必要だということですね。

詳しい内容は「数学教室」でどうぞ。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/612-9ba9f3e9