田部井淳子さんの講演会

昨日、ユネスコ大会での
田部井淳子先生の講演
「人生は8合目からが面白い」
は圧巻でした。

田部井さんは、
エベレストに世界初の女性登頂を
果たした登山家で、
現在75歳なのですが、
全く年齢を感じさせない
バイタリティ溢れる姿に感動しました。

今、彼女は世界各国の最高峰を
次々制覇する目標を立て、
実行に移していて、
昨年は、東チモールや
ニカラグアなど6か国の
最高峰を極めたとのこと。

そして、震災後から、
被災地の人々を招待しての散策や、
被災県の高校生を招いての
富士山登山などを
継続的に行っておられます。

日々世界を股にかけて
活躍されながらも、
同好の仲間とシャンソンを始めて
リサイタルを開くなど、
まさに生を楽しんでおられる方でもあります。

「後世に残すせるものは自分の生き方」
という信念で
「目標を貫くこと」
「社会に貢献し人々に笑顔を与えること」
「自分の人生を楽しむこと」
の三者が一体となった
生き方をしていることに
深く感銘を受けました。

そして、
人生の8合目、
つまり人生の終盤こそ、
自分の目的、やりたいことが
はっきりわかって生きることができる、
つまり充実した日々を送れる
という言葉に、
とても勇気づけられました。

講演を聴いた後、
とても清々しい気持ちになりました。
ありがとうございました。

ユネスコ田部井





 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/577-9c46334f