参加型授業のスピリッツ

今日、たまたま、
平成10年に出された中教審答申
「新しい時代を拓く心を育てるために」
-次世代を育てる心を失う危機-
を読み直す機会があった。

そこには、
「親にとっての子どもの位置付けと
過干渉の問題」として、
次のようなことが書かれている。

今日の親は、
「神のように人智を超えたもの
から子どもを授かった」
という思いが薄れ、
「子どもは親の計画的な決断によって
生まれてきたもの」
という認識が強くなっている。
そのため、時には子どもは、親の生産物、
持ち物のようになり、
子どもの希望や個性よりも、
親の趣味や嗜好、自己愛や
虚栄心の方が優先されてしまっている。
「いい学校=いい会社=幸せな人生」
といった既に崩れつつある図式を頑なに信じ、
早い時期から過度に知育に偏った教育に邁進して、
子どもの生活を細かく管理しようとする
親の姿にそうした意識を見ることができる。

親は過干渉を見直し、
意識を変えていく必要がある。


この文章を読んで。はたと思った。
これは、教育にも当てはまる
部分があるのではないか。

上の傍線部分を
学校教育のアナロジーと見て、
書き換えてみよう。

時には生徒は、教師の生産物、
持ち物のようになり、
生徒の希望や個性よりも、
教師の都合や、指導の効率性、
自分のクラスの偏差値や
進路実績を上げるという功名心や
虚栄心の方が優先されてしまっている。
「いい学校=いい会社=幸せな人生」
といった既に崩れつつある図式を頑なに信じ、
早い時期から過度に知識・技能に偏った
教育に邁進して、
生徒の勉強を細かく管理しようとする
教師の姿にそうした意識を見ることができる。
教師はそのことを見直し、
意識を変えていく必要がある。


盛岡三高の「参加型授業」は、
単に学習定着率を上げるための
手軽なメソッドではない。
これは、上に述べたような問題意識から出発し、
当時の教員が侃々諤々意見を戦わせながら
生み出した、一つの信念でありスピリッツなのだ。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/533-726b4a1f