いわてジャズ

今日は「いわてジャズ」の日。
県民会館で21時まで行われ、先ほど帰宅。

岩手ジャズ

LOBBY ACT の
くらむぼんジャズ6も、
OPENING ACT の
いわてJAZZスペシャルバンド、
福島県相馬市の
ニューアートサウンズオーケストラ
も良かったです。

かつてBS&Tでプレイしていた、
ビッグネームの
ランディブレッカーとマイクスターンも
若々しかったです。

でも、私は、今日は何よりも、
上原ひろみを聴きにきたのです。

死ぬまでに
一度は生で聴きたかった彼女のピアノ。

よく「世界のイチロー」とか
「世界の錦織」といいますが、
上原ひろみは、
私は「世界一のジャズピアニスト」だと思っています。

チックコリア曰く、
「上原ひろみは100年に一度のピアニスト」

鈴木牧子さん曰く、
「上原ひとみのトリオは現在世界最強」

初めて生で聴いて、ぶっ飛びました。
感動で震えました。

あのパワーはどこからくるのでしょう。

そして、どんな早いパッセージも、
一音一音がクリアで、
心にずんずん響きます。

上原ひろみは、JAZZにおける
カイ・イチノセだ! などと思いました。

そして、「また盛岡に来れるよう、
これからも頑張ります」という謙虚さ。

今日は、彼女の演奏が聴けただけで
いい一日でした。

上原ひろみ


youtubeより。 かなり昔のものですが。








 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/464-f2d4f191