パンダとダンパ

昔のことですが、
北海道でこんなヌイグルミを購入しました。
ダンパ1

「ダンパ」という名前でした。

一見普通のパンダのヌイグルミですが・・・

裏を見ると、チャックがついていて
ダンパ2

開けると、中から別のパンダが・・・
ダンパ3

ダンパ4

裏返すと、白と黒が逆転したパンダ
(「ダンパ」)が出てくるという、
何とも衝撃的な!ヌイグルミです。



話は変わりますが、以前、ふざけた
教具を考えたことがあります。

名付けて「pならばd」

OHPなどで用いるクリアシートに
油性マジックで
「p⇒d」
と書きます。命題ですね。
PA0_0684.jpg

ここで、条件 p の否定を b
条件 d の否定を q とします

では、このクリアシートを
「逆」向きにしてみましょう。
PA0_0683.jpg

「d⇒p」 つまり命題の「逆」になりました。

今度は、このクリアシートを
「裏」返してみましょう。
PA0_0682.jpg

「b⇒q」
何と!これは、命題の「裏」です。


命題の「逆」「裏」が操作と対応する
という実にくだらない教具です。

でも私は、そんな、とほほ感のある教具も
結構好きです。



 





 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/461-43e53c6c