フェルマー点

先日、難関大講座で取り上げた問題の続きです。

東大2012 ベクトル

前回の記事はここ ⇒ 難関大講座の問題から

解答はこのように進みます

東大2012ベクトル解答
(続きは省略)

つまり、点Pは、PA、PB、PCのなす角が
すべて120°になるような点です。

このような点をフェルマー点
(またはシュタイナー点)といいます。

フェルマー点は、三角形の各頂点からの
距離の和が最小となる点です。

大分前に、フェルマー点についてブログに書きました。


こちらです
 ↓
数学とは神様がやっているチェスのルールを覗くこと

先日の講座では、日常に現れるフェルマー点の話を
Grapesという描画ソフトを使って説明しました。

尚、Grapesは大阪教育大学附属高校平野校舎の
友田勝久先生がつくられた、
日本中で絶大な人気を誇るフリーソフトです。


Youtubeに動画をアップしましたのでご覧ください。







 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/419-72b8956f