ルートトランプ

昨日岩手大学で行われた
「授業づくりカフェ」で、
鈴木ひろ子先生から
ルートトランプをいただきました。
ルートトランプ
例えば2なら、
「2」「√4」「(√2)^2」「√2×√2」
というタイプのスーツになっています。

遊びながらルートの勉強ができる教材です。


素材がしっかりしていて、
高級感があり、表の絵柄も洒落ています。
鈴木先生中心に盛岡スコーレ高校の先生方が
作成されたものです。

表の絵柄のΣXOΛH とは
スコーレのギリシャ文字です。

スコーレとはSchool(学校)の語源と言われ
それは、「遊び」や「余暇」
という意味を持つとのこと。

盛岡スコーレ高校は、
1933年に創立された歴史ある学校です。
ホームページでその教育方針を見ると
「学びながら遊び、遊びの中から学ぶ」
と謳われています。

まさに、ルートトランプは教育目標
の具現化のための象徴的な教材ですね。



グループをつくり、しばしトランプ遊びに興じました。

私のグループは、高畑先生、
菊池あき子先生とあき子先生のお嬢さんの4人。
菊池先生のお嬢さんは小6なのですが、
√169もすんなりと13とするなど、
ルートを完璧にマスター! 驚きました。


私は、彼女と「スピード」というゲームを
さしで勝負しましたが
5枚ハンディを貰っても勝てませんでした。
マイッタ。

ルートトランプ2

ルートトランプで、
楽しい一時を送ることができました。
鈴木先生ありがとうございました。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/329-7abe59c3