ザビエル通信

土曜日、岩手大学で杜陵サークルが行われました。
11名の先生方が参加し、
レポート発表や討議が、和やかに行われました。

白百合学園の伊藤潤一先生から、
おなじみ、教科通信XAVIER(ザビエル)
の紹介がありました。

伊藤先生は、これまで、すべての勤務校で
精力的に教科通信を作り続けています。

数学のちょっとしたエピソードや
意外な面白さなど、
数学への愛を感じる
様々な記事はもちろんですが、
数学だけではなく、
生徒の知的好奇心を喚起させる話題や、
思わず笑ってしまう孫ネタ、
5コマ漫画など、
まさに「面白くてためになる」通信であります。

そして、そこに添えられる、「ネコ仙人」などの
微笑ましいキャラクタ。
心が和みます。
生徒だけでなく、
保護者や教員の間でも愛読者が多いようです。

数学に限らず、
「勉強し続ける」ために必要なことは

「モチベーション」と「インタレスト」

であると思います(伊藤先生もそういっています)。
ザビエル通信は、それらを育むツール
としても大きな意味を持つものです。

4月の授業開きから、中学校・高校とも
それぞれ5号まで発行されています。

では、高校版の4月18日号から一部紹介します。
zabi1.jpg

zabi2.jpg
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/289-9416f18c