もこもこ雲

先日、仙台に向かっていたら

「もこもこ雲」を見つけました。

もこもこ雲1

もこもこ雲2


思わずシャッターを。(もちろん助手席ですよ)

「もこもこ雲」とは重松清さんの小説
「きみの友だち」にでてくるキーワードであります。

「きみの友だち」は、小学校時代に交通事故にあい、
松葉杖が欠かせない、主人公の恵美ちゃんと、
不治の腎臓疾患を抱え入退院を繰り返している
由香ちゃんの、切なくも悲しい、
そして愛らしく美しい物語です。

「もこもこ雲」は由香ちゃんがいつも心に思い、
探し求めているもの。

私の勝手な想像ですが、

それは、直接手に入りそうな満足、
つまり、お金や、学歴や、見せかけの友情
などではなく、

理想を追い求めようとする気持ち、
生き続けようという前向きな思い、
美しものに触れ感動する心、

などかなと私は思いました。

私にとって「もこもこ雲」は何だろう。
ううむ。
ピュアに数学を考えることかな。

上手く言えませんが、
モノや結果を支配したり、
手に入れたりすることではなく、
求める過程や、努力し続ける行為
そのものなのかもしれません。

ってな、かっこいいことをいっちゃってね・・・


重松作品は、いじめなど重いテーマが多いのですが、
本作は読後感がとても爽やかで心が洗われます。

ちなみに、
タイトルはキャロルキングとジェームステイラー、
あるいはロバータフラックとダニーハザウェイが唄う
「You've Got a Friend」からとったものですね。

皆さんにとっての「もこもこ雲」は何ですか?

というか、

あなたには求める「もこもこ雲」はありますか。


 

コメント

私が重松作品に出会ったのは、小学生の頃でした。
「ナイフ」を父が貸してくれたのです。
その中の「エビスくん」が、私の過去と物凄く重なって、泣きながら読みました。
以来、重松作品を読みあさってます。
「もこもこ雲」も、とてもいい話ですね。
私にとってのもこもこ雲は、今まで私を支えてくれた人や環境の存在かなぁと思っています。
掴めないけど確かにある、そんな感じです。
重松作品、「卒業」の中の「追伸」も、涙無しでは読めません。
長々と失礼しました。
2014/ 05/ 15( 木) 06: 17: 09| URL| 夜雲# zjDuAsyg[ 編集 ]
 
申し訳ございません、スマホの動作が悪かったのか、違う記事に重複してコメントしてしまったようです。
2014/ 05/ 15( 木) 06: 45: 20| URL| 夜雲# zjDuAsyg[ 編集 ]
 
コメントありがとうございます。
「掴めないけど、確かにある」なるほど。
いい表現ですね。
もこもこ雲の話題が共有できるなんて嬉しいですね!

重松作品は、私はそれほど読んでいなくて、
「きよしこ」「せんせい」とか「その日の前に」
かな。
今度「ナイフ」「卒業」も是非読んでみたいと思います。


2014/ 05/ 15( 木) 22: 55: 45| URL| # -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/272-169756b8