ふりむきドラゴン

先日、本校の生物の小原先生から
ふりむきドラゴンのペーパークラフト
をいただきました。

これは、1998年に Jerry Andrus氏が、
マーチン・ガードナーの偉業を称えて
作成したものとのこと。

マーチン・ガードナーといえば、
学生時代、彼のブルーバックス本には
随分はまりました。

彼のような存在が、数学のすそ野を広く
してくれるのだと思います。

さて、このぺパクラ、面白いですね。
片目で見ると、ドラゴンが首を振るのです。

人間の目が2つあることで、奥行きを
感じているということがわかります。

であれば、カメラは基本的に一眼なので
写真をとれば、片目で見た状態と同じ
ことがいえるでしょう。

d1
やはり、こちらを向いているように見えますね。

ビデオカメラで撮影してみました。



曲にあわせて首を振ります。
ご覧ください。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/234-1162fb68