「生徒研究発表会」に感じた彼らのポテンシャル

今日は、生徒研究発表会でした。
6本の発表がありましたが、
どの高校の発表からも
生徒の皆さんの主体的な姿勢を
感じることができました。

そして、自ら問題意識を持ち、
継続発展していこうという
ポテンシャルを感じました。

私は審査委員長なので、
各レポートの講評を行う立場でした。

発表が終わり、結果発表まで90分間。

その間、合議があるので、
各校の講評をまとめるのは
30分ほどしかありません。

結構どころか、ものすごく大変です。
一応、昨夜(カラオケ後)レポートを読んで、
大まかな枠組みを作っておいたので
何とかなりましたが、
でも、レポートを読むだけと、
実際に発表を聞くのでは
大きな違いがありますね。

そういうわけで、
発表審査→協議→講評作成
→結果発表・講評→表彰式
という怒濤の流れの中で
アドレナリン出っ放しで、
表彰式が終わった時は
わたしゃあもう放心状態でした。
(しかもその後閉会式に
なだれ込むわけですが)

以下に、各校に対する講評を
備忘録として記しておきます。


1 東京都立杉並総合高校 
「公立高校が普通にできる国際交流」


スギソウさんの「とびたってみましたチーム」、
とんがっていてステキです。

国際交流を語るとき、
ボトルネックになっているものがあります。
一つは、金銭的、時間的、
人材的な面での欠乏です。
もう一つは、人々のマインドの問題です。

スギソウさんも言っているように、
国際交流は
「特別な学校や特別な生徒による
特別な活動」
あるいは、とにかく海外に出かけて
交流すればよいというものではありません。

このような、国際理解教育推進の前に
横たわっている種々の課題に対して、
「forからwith」というスローガンを掲げながら、
批判的な視点を持って、
問題提起をされていることを
私は評価したいと思います。

レポートから発表者の強い思いとともに、
母校スギソウへのLOVEも感じました。

時に批判力は愛に根ざしているんです。

国際理解とは、一つのプログラムや
コンテンツに寄り添うのではなく、
人によりそう、魂で通じ合うこと。

スギソウさんには、
そんな根本を失わずこれからも更に
活動を充実させて欲しいと思います。

2 秋田県立由利高校 
「異文化と異国語を乗り越えて」

今回の研究大会では、アメリカと台湾から
オブザーバーとして参加していただいています。

岩手と台湾も昔から縁が深く、
また、現在も相互の行き来が
積極的に行われています。

国際交流とは、
他国の方々と混じりあうなかで、
互いの文化や歴史や価値観を認め合う
ということだと思います。

そして、それは、日常生活の中で、
他者に共感し支援する力にも
つながっていくことだと思います。

つまり、国際交流の価値とは、
人としての優しさを持つこと、
あるいは社会に参画し、
地域の未来を創造していこうという
社会的知性を身につけていくこと
ではないかと思います。

由利高校の皆さんは、
台湾訪問の経験をきっかけにして、
そのことに気づきだし、
自らが「由利高校国際科」の顔になって
牽引するという自覚を持たれていることが
とても素晴らしいことだと感心しました。

3 岩手高校 
「目指せ、真の国際人!! 郷土の先人Respect!! 
我ら世界の架け橋とならん」

岩手高校の国際交流部は、
公式のフェイスブックサイトを持っていて、
様々な活動の様子が
定期的にアップされていますね。

昨日も、盛岡タイムズに活動の様子や
この会に臨む姿が紹介されていました。

発表者の応答も堂々として良かったですね。
地に足がついた活動をされている
証だと思いました。

新渡戸稲造研究は
まさに大会テーマにマッチしたもので、
継続研究されているわけですが、
今回は単にその焼き直しというのではなく、
台湾との交流にフォーカスして、
また新たな視点を持ってバージョンアップ
していることが感じられました。

岩手の偉人の一人に
橋本八百二という画家がおられます。
彼は「国際人であればあるほど地域人」
と述べています。

国際交流部が、世界と繋がりながらも、
郷土岩手を発掘して、地域の良さを
発信していく継続的な活動を
されることを期待しています。


4 盛岡中央高校
 「Global Citizens for a more peaceful
and tolerant world」


盛岡中央高校が主催する
「CHUO国際教育フォーラム」は、
国際交流活動の一環として
広くアジアの高校生に集まってもらい
意見交換をする目的で実施されている
非常に大規模なイベントですね。

私も何度かテレビで拝見し
その内容の素晴らしさに
圧倒されておりました。

今年は19回目を数えるということで、
進化発展していることが窺えました。

大切なことは、この取組みが
単発の打ち上げ花火的なフェスティバルとして
終わっていないことですね。

持続発展させていくために、
「地球市民」という言葉をキーワードにして、
4つのテーマを設定していること、
そして、事前学習と振り返りを行うことで、
点ではなく線の取組み、あるいは、
この活動の成果を他の様々な活動に
転移させていくという面の取組みが
なされていることに感心しました。
発表の仕方も工夫がされていて
良かったですね。

5 秋田県立西仙北高校
 「なぜデンマーク人は幸福なのか」


今、雇用や職業や教育などの大きな変化の中で、
幸せに生きる事が問い直されています。

そのような中で、西仙北高校では、
福祉先進国であり、医療、教育においも
先進であるデンマークと10年以上も
交流を深めてきたこと、そしてその中で
「なぜ」を掘り下げ、得た知見を広く
発信していこうとしていることが
とても素晴らしいことと思います。

ノーフュンホイスコーレの話の中で
千葉忠夫先生の話がありましたので、
少し補足します。

彼は岩手県一関の出身で、
デンマークでは大変な有名人です。
彼は、高校卒業後、
「われ日本とデンマークの架け橋にならん」
と言ってデンマークに船で渡り、
福祉関係の学校をつくったのです。

西仙北高校の皆さんも、
是非、デンマークと日本の架け橋になって、
これからの未来における幸せのカタチを考え、
発信していって欲しいと思います。

ある意味デンマークの先進性が
日本人によってもたらされていること
がとても面白いですね。

文化や習慣の違いから他国に学ぶとともに、
あわせて自国の良さにも
目を向けていければと思います。

6 神奈川県立相模原青陵高校 
「高校生の視点から作成した日本語教材」

CEMLA(多文化学習活動センター)は
「外国につながる子ども」の学習や
相談に応じるためのセンターで、
「世界の村」 をもじって、
セムラと呼んでいるそうですね。

相模原青陵高校の皆さんは、
昨年に引き続いての発表ですが、
日本語を教えるというハウツー的な支援を越えて、
異文化、多文化を受け入れる立場に立つという、
「自分事の問い」に掘り下げている段階に
進んでいることに感心しました。

高校生だからこそできるという視点で
教材開発を行うことに
私は大きな価値を感じます。

そのような自分事の問いに
編み直すことにより、その支援は、
他者を潤すだけではなく、
自分たちの意識を変えて、
主体的に社会に参画する姿勢が
つくられることと思います。

今、「見えない子ども達」という言葉が
よく言われています。

出生後、親が戸籍を作らず、学校に通うこともなく、
社会の枠外に置かれた外国人です。

私たちに必要な視点は、そういった、
国籍や制度や自国の都合などの
境界や垣根を取り払って、
互いに尊重できる関係の下で、
自分たちのできる一歩、
自分たちだからこそできる強みを見出だして、
共同、連帯していくことかもしれませんね。

相模原星陵高校の取組から
このようなことを感じました。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1469-44b5f498