カリマネ研修3日目

今日で研修3日目となりました。

今日は、「カリマネのカリスマ」の村川先生と
「カリマネの女王」田村先生による講義が中心でした。

お二人の先生とは、一昨日、ご一緒させていただき
痛飲いたしました。
そのときの写真を撮るのを忘れてしまい残念!

さて、今回は付箋紙型ワークショップの演習を
行いました。
村川先生は、従来の授業後の研究会のスタイル
の問題点として、次のようなことをあげておられました。

① 一部の教師の発言にとどまる
② 若い教師がなかなか意見を述べにくい
③ 異なる教科の授業について口を挟みにくい
④ 偏った視点からの協議に流れる
⑤ 一方的な質疑・批判に終始する
⑥ 成果と課題が明確にならない
⑦ 時間通りに終わらない
⑧ 授業改善につながらない

確かにいずれも心当たりがあります。
他に、単に、とりあえず「褒めあって終わる」
というのもあります。

それに対して、付箋紙型ワークショップの良さとして
① 主体的・分析的に観察できる
② 授業のコメントを言語化することで思考が深まる
③ 他者の記述と自分の考えを比較できる
④ 付箋を整理することで、構造化できる
⑤ 他者への解説を行う機会が得られる
⑥ 他の分析結果の視点から学ぶことができる

などをあげておられました。

今回、我が班では、山口県の児玉先生の学校の
実践を使わせていただきました。

ああだこうだといいながら、何とか時間ぎりぎりに
できあがりました。
KJ法に慣れていない班員でしたが、
有意義な時間だったと思います。
分析ももちろんですが、活動を通して、
互いの親近感も深まったのではないかと思います。

cr presen2
我々のグループのテーマは、
「つながるキャリア教育」というネーミングになりました。

tunagaru.jpg
さりげなく、宣伝してしまいました。
全国の書店で好評発売中です。


余談はさておき。



児玉先生。発表お疲れ様でした。
cr presen1

今晩は、グループのメンバーと軽く祝杯。

研修もあと2日を残すばかり。

皆さん。頑張りましょう。

 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/143-0d0510fd