高総体壮行式

今日は高総体の壮行式が行われました。
各部の意気込みと、
選手をたたえる応援団、そして
生徒たちの姿に心が打たれました。

0516soukou-04LT.jpg

0516soukou-02LT.jpg


これまで積み重ねてきた練習の成果を
存分に発揮して欲しいと思います。


私の挨拶を以下に紹介します。
因みに、最後のなぞかけは、
盛岡南高校の校長先生を真似て行いました。

0516soukou-01LT.jpg




昨年の今、私は
「高総体で勝ち抜くための『かきくけこ』」
という話をしました。

覚えていますか。

【か:感謝】
【き:希望】
【く:工夫】
【け:決断】
【こ:行動】でした。

お世話になった顧問、コーチ、保護者、
地域への感謝の気持ちを持つこと。

どんな厳しい戦いでも
最後まで希望を捨てないこと。

頭を使って勝つための工夫をすること。

ここ一番の勝負の決断をすること、
また、試合の状況からどのプレーを
選択するかを冷静に決断すること。

そして、決断したプレーを実行できるような
技術と行動力を持つこと、ですね。

実は、この「かきくけこ」の精神のルーツは、
東日本大震災津波なんです。

復興から立ち上がるために、被災地の人たちが
呼びかけあったスローガンなのです。

ということは、高総体に向かう気持ちも、
被災地で復興に臨む気持ちも
同様のものがあるということがいえますね。

つまり、このことから言えることは、
部活動とは、日常生活と別のところにある
何か特別なものではなく、
何かを成し遂げるための
あらゆる行動につながっている
ということなんですね。

もっと言うと、部活動とは、
生きる力を身につけ、
自分の人生を充実させること、
そして幸せな人生を築くこと、
そんな重要な人生の一大事
とも言えると思うのです。

ですから、まずは、
これまで厳しい練習を乗り越え、
この場に臨んでいる皆さんを
私はリスペクトしたいと思います。

どうぞ、やってきたことを存分に
発揮して欲しいと思います。

とは言っても、「負けたらどうしよう」
などという気持ちがあれば、
どうしても本番でのびのびと
自信を持ってプレーができません。

だからこそ、現在世界最強である
花高応援団の威力を、皆さんの一人ひとりの
力と自信に換えて欲しい。

そして、どうぞリラックスして、
好きな焼肉など食べて、
前向きな気持ちで試合に臨んでください。

では、最後に「なぞかけ」で締めたいと思います。

「高総体とかけて何ととく。

「・・・ととのいました」

「高総体とかけて食べ放題の焼肉ととく」

(会場から「その心は」の声)

「その心は。・・・くいのこすな!

それでは、皆さんの健闘を祈っております。


0516soukou-06LT.jpg

0516soukou-05LT.jpg

0516soukou-03LT.jpg



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1418-09037f52