「第3回花高活性化プロジェクト」

だいぶ以前の話になってしまいましたが、
2月13日に「第3回花高活性化プロジェクト」
が実施されました。

3回目ということで、
総論から各論に向かっています。

今回は、これまでのワークショップで
出された課題の中から
PTA活動を取り上げることにしました。

本校では、4月のPTA総会の他に、
各学年PTAが年2回、
そして本校教員が夜に地域に出向く
地区PTAが年6~8回開催されています。

その回数や時期は妥当であるか、
内容は今のままでよいのか、などについて、
いつものようにグループワークを中心にして
検討を深めました。


0213pro-02.jpg

0213pro-01.jpg


今回の話し合いのテーマは、

「育てる生徒像の共有化に向けた
地区PTA・学年PTAの在り方」


としました。

ポイントは、

「育てる生徒像の共有化に向けた」

という言葉を敢えて入れているところです。

つまり、単に、回数を減らすことや、
時期を移すことだけに議論を集中させるのではなく、

目指す学校像、生徒像の実現のために、
どの様なアプローチをしていくかという軸を
見失わずに話し合っていこう
ということを意図しました。

0213pro-03.jpg
今回も川村副校長がファシリテーターです


グループディスカッシンの中で、
多くのアイデアが出されました。

0213pro-04.jpg
初任者の先生からも提言がありました


やはり、チームで考えをまとめていくことで、
議論が活発になり内容も深まることを実感しました。

ワークショップの最後に述べた私の感想を
以下にまとめておきたいと思います。

PTA活動を行うためには、親と教職員が、
「共育」を推進する同志として、
互いに信頼し合う関係にあることが求められます。

それを前提に、今後の取組みを考えるべきです。

学校がひたすら説明し、提供し、お願いをする。
また、保護者はそれを単に受容する
という関係の中では主体的なPTA活動は生まれません。

ヘタをすると、「学校任せ」、あるいは、
学校に対する不満や猜疑心に
つながる可能性も否定できません。

そこで、そういう一方向性を一度捨てて、
目指す学校像、生徒像の実現のために、
子ども達に今どの様なアプローチをしていくべきかを、
保護者と教職員が信頼の絆の中で、意見を交換し、
傾聴し、共同で考えていく。

このようなことをPTA活動の場に求めていくことが
必要なのではないかと思います。

例えば、地区PTAの意義が、
その地域コミュニティにおいて、
子どもや地域の未来を
よりよくするためにあるとするならば、
求められるのは学校主導ではなく、
地域の主体的な運営なのではないかと思います。

そこに、教職員が加わり
「学びあい」が展開されることによって、
互いに新鮮な気づきを得て、
新たな運動が生み出されるかもしれません。

今回出された提案や課題を踏まえ、
今後は保護者にも議論の輪を広げながら、
具体化していきたいと考えています。




 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1374-7b647047