琴の演奏

一昨日、音楽の授業を参観しました。

この期間、本校の音楽は
琴の演奏に取り組んでいます。

学校にある分では足りないので、
花巻南高校からお借りして、
全部で20面揃えたのだそうです。

教室は、本校の桜雲会館の和室です。

s-koto04.jpg
(調弦の様子)

s-koto01.jpg
(礼に始まり礼に終わります)

さくらの合奏を堪能しながら、
琴の授業には、

「技能を磨く個の学び」
「ペアによる教えあい」
「全体で協力して作品をつくりあげるゴール」

といった、学びの重要な要素が
しっかり入っているなあと感心しました。

モノや所作に深く沈潜し、「自分」に向き合い、
場を純粋に楽しむことは、
日本の伝統文化ならでは、
まさに雅なジャパニーズクールの世界ですね。

このような日本文化や芸道に深く関わり、
美しく優雅に「生」を楽しむことが、
国際人としての生き方にも
つながるのかもしれないと思いました。

s-koto02.jpg

s-koto03.jpg




 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1365-8f63f107