「第3回花高活性化プロジェクト」

先週の話になりますが、
第3回花高活性化プロジェクトが行われました。

第1回の様子はこちら→★★

第2回の様子はこちら→★★



前回の話し合いの結果を、副校長先生が
2つの領域にまとめてくださいました。

第2回のまとめはこちら→★★

一つは、例えば授業時間や
カリキュラム編成などの
フレームについての改善、

もう一つは、指導方法や課題の出し方などの
コンテンツの改善についてです。

今回は、時間の関係もあり、
最初の、フレームについての
具体的改善提案について
グループディスカッションを行いました。

全体で確認したことは、
単に教師の都合で語るのではなく、
学校目標、育てたい生徒像に
照らし合わせて改善提案を行うということです。

最初に私が次のような
「模範演技?」をしました。
(あくまでも一例です)

私の提案は

「朝学習をなくして、瞑想、マインドフルネスを行う」

というものです。
生徒の心のケアが必要であることを感じ
この導入を考えてみました。

また教員も多忙で疲弊していることもあろうと思い、
先生方も生徒と一緒に瞑想します。

これを習慣化することで、
授業への活力が生まれるのではないか
と期待しています。


ま、スルーされましたけれどね。

先生方からは、60分授業の是非について、
多くの意見が出されました。

時間がなく、次回持ち越しになりましたが、
今回も非常に有意義なディスカッションが
できたのではないかと思います。

活性化第3回01LT


今回のまとめとして最後に
述べたことを記しておきます。


「学習指導要領の遵守」と
「センター試験への対応」のダブルバインドが
大きく横たわっているなあと感じました。

それがボトルネックになって、
我々の発想の自由度を
狭めているのかもしれません。

しかし、だからといって、
生徒に時間を返すこと、主体性を育てること、
心のケアをすることを見失ってはいけない。

やはり、我々は、育てたい生徒像から
出発していくべきではないでしょうか。

また、家庭のニーズに応えることは大事だけれど、
何もかも学校が行うというスタンスでは、
家庭との良好なパートナーシップが構築されません。

共に教育を語りあえるよう家庭への働きかけも必要。
そのための工夫、アイデアを模索していきましょう。


活性化第3回02LT


 

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/ 02/ 04( 土) 01: 04: 15| | # [ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1364-a5ad41c9