国体報告会

今日は、国体報告会が行われ、
5人の選手達が登壇し、
全校生徒に報告を行いました。

<登壇者>
●陸上競技三段跳 長根史依さん
●ハンドボール 石亀貴雅君 鳴海僚君
●アーチェリー 相馬謙裕君
●剣道 山口新太君

以下に私の挨拶を紹介しながら、
彼らの栄誉を讃えたいと思います。

希望郷いわて国体に参加された、
4競技、5人皆さん、お疲れ様でした。

国体とは地方文化の発展と、
国民生活を明るく豊かなものにするという目的で、
天皇皇后両陛下をお迎えして行われる
国の大きな行事です。

各県が持ち回りで開催するため、
岩手での開催は、昭和45年以来、
実に46年ぶりのことであります。

そのような、恐らく人生に2度位しか味わえない
貴重な時間と空間の中に、
ここにいる5人の精鋭達は、
まさに当事者である選手として関わり、
県民の熱い視線を浴びながら、
活躍してくれました。

国体当日だけでなく、
それにむけて取り組んできた
厳しい強化練習も含め、
これらの経験は、皆さんの人生にとって、
かけがえのない大きな財産であり、
その後の人生の中で
輝き続けるものと確信しています。

そして、この5人を送り出したのは、
部活のチームメイト、監督、顧問、
応援してくれた生徒といった
花巻北高校全体の支援があってのことと思います。

思えば、県民に広く浸透した

「広げよう感動、伝えよう感謝」 
のスローガン。

実はこれを作ったのは、
花巻北高校の卒業生の小原幸果さんです。

そして、この言葉を高らかに宣誓したのが、
やはり本校卒業生で、
大会新記録で競歩の優勝を果たした
高橋英輝さんです。

また、本校同窓生の齋藤崇先生は
ハンド成年男子の監督ですが、
少年の強化責任者として、
鳴海君、石亀君の活躍の下、
少年男子の大躍進を導きました。

同じく本校同窓生の青木貞志先生は、
剣道の少年男子監督として、
山口君の活躍もある中、
チームを県勢初の3位に導きました。

その他、岩手県チーム国体史上初勝利をあげた
バレーボール成年女子キャプテンの若林先生、

アーチェリー成年女子を入賞に導いた、
事務室の川渕主事さんも
私たち花北の仲間であります。

こうして見ると、本当に多くの
チーム花北のメンバーが、
この国体に関わり、活躍してきたことが
あらためてわかります。

だからこそ、ここにいる、
国体に出場した5人の皆さんの喜び、感動を
チーム花北の一員である私たちも
全員で分かち合いたいと思います。

そして、心から慰労したいと思います。

皆さん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。


国体報告01

国体報告02

 

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/ 10/ 19( 水) 09: 10: 31| | # [ 編集 ]
 
ご指摘ありがとうございます!すみませんでした。
2016/ 10/ 19( 水) 15: 43: 42| URL| しもまっち# -[ 編集 ]
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/ 10/ 20( 木) 12: 59: 18| | # [ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1318-2fae775a