産業能率大フォーラム

8月5日は、充実のフォーラムでした。
今年の参加は400人近くとのこと。

産能ポスターLT


オープニング講演は和田美千代先生。

「教育をどげんかせんといかん」という情熱と、
その思いを行動に移すブルドーザーのよう
な実践力と行動力。

でもそこに、人への深い愛と優しさが
満ち溢れているのが先生の魅力ですね。

教師みんな「心に一つの和田美千代」を!

授業はいろいろな教室をつまみ食い的に
参観する形になりましたが、
さすが全国の名だたる実践家、
どの授業にも「主体的で対話的で深い」
学びが起きていました。

地理は岩手県総合教育センターの
鈴木徹先生です。

産能鈴木

鈴木先生は、昨年大野高校で行った
リアス海岸についての授業を
リメイクして実施されていました。


最後のセッションでは、
溝上先生、私、小林先生、鈴木先生の順に
15分のショートプレゼンテーションを行い、
その後、質問に答えるかたちでの
パネルディスカッションを行いました。

産能2016-01LT

産能2016-02LT

産能2016-03LT


私の話した内容は後日アップしたいと思います。


このフォーラムが10回という長きにわたり、
継続・発展していることは、
産能大の学生も含めたスタッフ全員が、
「他者を光らせる」という思いを
共有しているからだと思います。

全国で活躍するホンモノの実践家や理論家を掘り出し、
そして、共創の輪を広げ、
次世代のリーダーを創り上げていく。

素晴らしいですね。
あらためて敬意を表します。

学生スタッフの何人かに、

「ありがとうございます」と挨拶されました。

「え、何のこと?」と聞くと、
朝の準備作業の時に、
産能大の入試企画部の渡邊道子さんが、
私が2年前に書いたブログを
朗読してくれたとのこと。

その記事に自分たちは嬉しくなり、
先輩に負けないように頑張ろうと思った、
と言われていました。

その記事はこれです→★★

産能フォーラムは、利他の心をもって、
他者を光らせながら、
実はそのことによって、学生を育て、
自分たち組織を強靭なものにしているのですね。
林巧樹さんはじめ、
産能大の皆様お疲れ様でした。

ありがとうございました。

一日目一杯勉強して、
その後の懇親会も大変盛り上がりました。

産能2016-07LT
ようやく会えた!立命館守山高の倉本さん。
写真は永島宏子さんのFBからいただきました。

産能2016-05LT
皆川さん。コーディネートお疲れ様でした。

産能2016-06LT
二次会も本当に盛り上がりました。
筑波大のさっちゃん、神戸のうっちー、鈴木徹さん。







 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1263-d03e8130