壮行式「みそあじ」

昨日は、教育実習生への講話、
壮行式での激励の挨拶、
そして、2学年PTAでの講演と、
しゃべることの多い一日でした。

私の激励の言葉は以下の通りです。

全国高校総合体育大会に出場する各部の皆さん、
甲子園大会岩手県予選に向かう野球部の皆さん、
そして、高総文祭や各種コンクールに参加する
文化部の皆さん、

私は、ここにいる生徒全員と、60名の教職員、
皆を応援する家族や地域の方々を代表して、
激励の言葉を贈りたいと思います。

皆さんは何のために高校で学ぶのでしょう。
大学の合格切符を得るためではありません。

キレイごとと言われるかもしれませんが、
私は、高校とは「生きる力」を学ぶために
通う場だと思います。

生きる力とは何か、
それは「自分に自信を持つこと」
とも言えると思います。

では、どうすれば、
自分に自信を持つことができるのでしょう。

私は、「成功体験をたくさん積み、そして失敗に学ぶ」
ということではないかと思います。

「失敗や挫折」とは、
自分を向上させるためのネタのことです。

皆さんは、これから、大きな夢舞台で、
このような体験を積むことになるでしょう。

それによって、きっと、生きる力が培われると思います。

どうか、後から「ああすればよかった」
と思うことのないよう、
これまで行ってきたすべてをぶつけてきてください。

最後に、高総体のときは「かきくけこ」で締めたので、
今回は「みそあじ」で行きたいと思います。

「みそあじ」とは「身なり、挨拶、掃除、時間」
という生活の基本のことなのですが、
大野高校から私と一緒に本校に来た沼井先生が、
その変形版を考えてくれました。


以下、動画をご覧ください。




いきなり振ったにもかかわらず、
皆さんちゃんとコールしてくれました。

さすがですね。ありがとうございます。

花北壮行式6月01

花北壮行式6月02


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1222-85b0a57e