花巻北高の競歩の躍進

4月16日に石川県輪島市で行われた
陸上の第55回全日本輪島大会で、
本校OBの高橋英輝さん
(花北-岩手大-富士通)が
日本新記録を樹立し、
初優勝を成し遂げました。

17日の岩手日報でも
大きく取り上げられています。

競歩02


高橋さんは、本県で初の
リオデジャネイロオリンピック
代表に選ばれています。
4月25日は本校で
彼の激励会が予定されています。

花巻北高校の誇るべき先輩の一人として、
これからも皆で応援していきたいと思います。

おめでとうございます。

また、この日同時に行われた、
全日本輪島大会男子競歩5キロの部で、
本校3年生の都鳥一樹君が
堂々の4位入賞を果たしました。

こちらも18日の岩手日報で
大きく取り上げられています。

競歩03

人が立っていられない程の
強風の中での入賞ということで、
国体に向け大きな手ごたえを感じたとのことです。

都鳥君のこれからの更なる活躍を期待します。


競歩といえば、私が以前花北に勤務していた
2008年の時のインターハイで、
林唯さんが8位に入賞したことが思い出されます。
(花北-筑波大)

競歩04
(当時の岩手日報記事より)

林さんは明るくて常に前向きな
自慢の教え子です。

そして、そのときの指導者が塚田美和子先生。

彼女は高橋選手の恩師でもあり、
花北の競歩の飛躍の歴史を築いた先生であります。

塚田先生は盛岡三高出身で、
1991年の石川国体の3000M競歩で優勝しています。

競歩01
(当時の岩手日報記事より)

私は彼女とは盛岡三高の同窓であり、
また、教員として、盛岡三高でも花巻北高でも
ご一緒させていただきました。

彼女は自慢の鵬同窓生であり、
陸上の優れた指導者であります。

そして、その爽やかなお人柄とユーモアのセンス、
生徒への接し方、妥協なき精神など、
先生から学んだことは数多く、
教師として、人間として、
私は塚田先生を心から尊敬しています。

高橋さんの記事から競歩にまつわって
いろんなことを思い出しました。

皆さん、それぞれの目指す目標に向かって
かけ上がっていってください!







 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1150-83cfae30