杜陵サークル3月例会

先日の土曜日に岩手大学で行われた
杜陵サークルに、
盛岡南高校の伊藤陽菜先生が
初参加されました。

陽菜さんは、
盛岡南高校で数学を教えながら、
岩手大学工学部の院生として
研究活動も行っています。

先日、とても嬉しいニュースが届きました。

陽菜さんが、
高木浩一先生の指導の下に執筆した

「エネルギー環境教育と電気回路を教材
とした高等学校数学の授業設計」

が、この度、電気学会の優秀論文発表賞
(IEEJ Excellent Presentation Award)
を受賞されました!

toryo201603-02.jpg

おめでとうございます!

近いうちに、九州で表彰式があるとのこと。
陽菜さんは来年度から
新採用教員として高校に勤務されます。

二重のおめでとうですね。

さて、陽菜さんの発表は、
最近の授業実践の報告でした。

トイレットペーパーの巻き数を予想させ、
実験して数学の凄さを体験する授業、

toryo201603-04.png
(授業風景)

図形の方程式からドラえもんを描く授業、

ドラえもん1

ドラえもん2

ドラえもん3
(生徒の作品です)

手回し発電機を用いた授業、

など、本当に楽しくワクワクする内容でした。

トイレットペーパーの実践は、
盛岡南高校の「校報・南の窓」第92号に
詳しく報じられていますのでご確認ください。

こちらです⇒南の窓92号

因みにこの「南の窓」は
恐らく岩澤校長先生(数学)が
精力的に書かれているものと推察します。
凄い情熱を感じます。

陽菜先生は4月から新天地に赴きます。

これからも、生徒たちに、
数学、サイエンスの楽しさや面白さを
存分に味あわせてください!

そして、また杜陵サークルで報告してくださいね。

陽菜さんありがとうございました。

toryo201603-01.jpg




 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1117-eb906bb0