あんじい

先日、デザインセンターに行って、
スタッフの安藤さんとお話しました。
大野LOVEの、いつも笑顔の
キュートなママさんです。
安藤さんとお話しすると、本当に元気になります。

あんじー01
(写真はケイティさんのFBからいただきました)

すると、「あんじい工房」の
洒落たコースターが目に入りました。

聞くと、「あんじい工房」とは
安藤さんのお父さんの工房とのこと。

安藤さんのお子様からみれば
「じいちゃん」なので、「あんじい」なんですね。

いやあ、そのネーミングに笑いました。

早速1個購入いたしました。

あんじー08

糸鋸で手作りされているのですが、
凄い技巧です。

是非あんじいにお会いしたい
という思いが強くなりました。

すると、何と驚くことに、
あんじい工房は大野高校から歩いて1~2分。
裏山に面したところにあるとのこと。

そこで、昨日、お昼のお散歩をかねて
訪問いたしました。

ちょうど工房にいらっしゃいました。

「あんじー!」

あんじー03

あんじー02
(自宅の表札もあんじーの作品です)

いろいろお話をさせていただきました。

あんじいによると、この金ヶ沢地区は、
3500年前に縄文人が暮らしていて、
その当時の土器がたくさん掘り出されているとのこと。

そして、お孫さんが集めた土器や石器の
コレクションも見せてくださいました。

それは玄関に入ったところにあります。

あんじー04

アンジー05

あんじー06

お孫さんが自作した埴輪や土器も
展示されていました。

「凄い!小宇宙や!」

私は感激して叫んでしまいました。

あんじい曰く

「何もなかった縄文時代に
よくこんな凄いのを作ったものだ」

その言葉を聞いてはっとしました。

大野には、なぜ、こんなにも、
ものづくりに秀でた人がいるのか、

これまで思っていた疑問が氷解したように思いました。

これは、縄文人の遺伝子だったんだ!

そうに違いない。

そんな風に納得し、あんじー工房を後にしました。

あんじーさん、ありがとうございます。
(さんをつけると「あん・じーさん」みたいで変ですね。

あんじーさんから、コースターを
3つもいただきました。
失敗したものなそうですが、
どこが失敗なのか全然わかりません。

あんじー07


ありがとうございます。

そして、私にとって「あんじー」とは
ローリングストーンズなのです。

では、この曲で今日もよい一日を。




 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1116-efcaefbb