PieとPi

木曜日の午後、
スクールカウンセラーの方と、
授業の様子を見て歩きました。

すると、家庭科の授業で
アップルパイを作っていました。

アップルパイ01

なかなかいいカンジ。

生徒にいっぱいインタビューしながら
作る様子をしばらく見ていました。

すると、放課後、男子の生徒数人が、
焼きあがったアップルパイを
持ってきてくれました!

アップルパイ02

後で家庭科の先生に、
「先生のご指導ですね」といったら

「いいえ。あの子たちが自発的に
校長先生に持っていきたいっていうんです」

とのこと。

きっと、いつまでも授業を見ているんで、
気を遣ってくれたんですね。

食べたいオーラがでていたのかも。

でも嬉しいですね。

サクサクもっちりでとても美味しかったです!

やはり、アップル「パイ」には、
円周率(パイ)のカップで飲む紅茶が一番。

円周率カップ01

円周率カップ02

私は、もう15年以上前から、
ホワイトデーには、
3.14日=πにちなんで、
チョコパイをお返ししていましたよ。

今でこそいろんな人がやっていますが
実は私が元祖です!(笑)

昔、私のホームページにアップしたものです→★★

さて、この記事をフェイスブックにもアップしたら、
田原真人さんから、面白い動画を紹介されました。



笑いますね。
PieによってPiを求める。
しかも壮大な準備で
クソ真面目にやるところが面白すぎ!

こういうジョーク大好きです。

このパイはその後どうなるのか。
パイ投げに使われるのかな。

パイって、こんな使われ方ばかりで
かわいそうですね。

この動画を観ながら、真面目なことも考えました。

それは、パイの値を知っていなくても
パイの値が生みだされているというところ。

昔、「神々の指紋」をテーマに、
ブログにこんなことを書いたことを思い出しました。

神々の指紋→★★★






 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1098-b9d27d72