大和町立宮床中学校で

昨日は、宮城県の宮床中学校に
呼ばれていたのですが、
豪雪が危ぶまれたので、盛岡を9時に出発。

開始時間は15:10で、
自宅から宮床中学校まで150km程度なので、
車で高速を使えば
まあ3時間あれば大丈夫だろうと
超余裕の出発でした。

ところが、途中、雪による交通事故があって
高速道路を降ろされてしまいました。

すると、案の定ものすごい渋滞にはまり、
2時間も身動き取れず立ち往生。

この豪雪の中、辿りつくのは無理だろうと
諦めましたが、少しずつ動き出して、
15:15に奇跡的に到着!

150kmを車で約6時間半かかったことになります。
(時速23km)

途中何台もの車が
道路端に落ちているという中、
冷や汗を流しながらの走行でした。

着くなり、ダッシュでトイレに駆け込み、
そのまま、講演に滑りこみ、
80分程お話をさせていただきました。

宮床中学校の先生方の他、
大和町教育委員会から教育長さんや
参事の方もいらっしゃいました。

いやあ間に合って良かった良かった。

講演の途中に入れた
ワークショップでは、
予定していた松永先生と
杉山先生のテキストを用いました。

松永先生のテキストはこちら⇒★★
杉山先生のテキストはこちら⇒☆☆

<ワークショップのテーマと流れ>

miyatokows01.png

miyatokows02.png


皆さん明るく爽やかな先生方で、
本当に真摯に取り組んでいただきました。

宮床02
グループでの話し合い

宮床01
他のグループとの交流

宮床03
フリーなスペースも入れて、必ずしも他の班と交流しなくてもOK

ありがとうございます。

ワークの時間は15分程度だったので、
最終的なまとめまではいきませんでしたが、
AL型の手法を体験しつつ、
その上で「ALを問い直す」
という目的を果たすことが
できたのではないかと思いました。

参加された先生方の
アクティブな姿勢のおかげです。

15分程度でしたが、
成果物はこんなカンジです。

miyatoko04.jpg

miyatokows03.jpg


以下、付箋紙に書かれたコメントから
いくつか紹介します。

<杉山先生への主なコメント>
●担任の先生の「力を入れた実践」が
 あなたの中に生きているんですね。
 それを続けてください。
●休暇中に起こした行動力に感心
●自分で自分のしっかりした考えを
 一本持つってことはステキですね。
●私も同じ気もちです!
●教師としての使命感を果たそうと
 前向きに取り組んでいる姿はすてきです。
 いろいろな考え方の先生はいるでしょうが、
 あきらめずあせらず過ごしてください。

<杉山先生の記事からALのエッセンスを読み取る>
●人は能動的に関わったことしか覚えていない。
 学びの本来の姿は
 絶対に能動的であって受動的ではない。
●やりたいこと、改善したいことに向かって
 とにかくあれこれ考えてちょっとずつ進んでいく力
●世間がどんな流れになっても変わらないもの
●社会に出て問題場面に遭遇した時、
 よりよく解決する力を身につけさせることができる!

<松永先生への主なコメント>
●枕草子249段にだけ詳しくなるのではなく、
 古の人の知恵や思いを伝えようとする
 あなたの熱い思い、いいね~
●やろうと思うだけであなたはアクティブ!
●生徒の卒業に際し、先生の思いのつまった
 古典の授業を行おうとされ、すばらしいですね。
●サイズ感は重要ですね。

<松永先生の記事からALのエッセンスを読み取る>
●「ねがい」(生徒に~になって欲しい)がまず最初
●団体⇒個へのもっていきかた
●関わり合って、活動して、最後は「個」にして振り返る
●否定しない、思いを共有


佐々木校長先生はじめ皆様ありがとうございました。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1071-2a63b691