どんと祭

昨日の午前中、大野の帯島小学校で
「どんと祭」が行われました。

学校をちょっと抜け出して
見学に出かけました。

dont02.jpg

dont03.jpg


dont04.jpg

小学生が「えんぶり」を踊り、
学校の田んぼや畑に五穀豊穣のお参りをする。

大人たちが、それを見守り、彼らもまた踊り歌う。

保育所の子どもたちから
お年寄りまでみなが集い、
共に笑い、共に語り、
楽しい時間を過ごす。

それはまさに珠玉の一時。
なんてステキなコミュニティなんだろう。

20年前の教え子から
「先生!私のことわかりますか」
と声をかけられました。

「もちろん!」

高校生当時も明るく素直な生徒でしたが、
いまは3児、4児のママとして、
更に美しく輝いていました。

dont01.jpg

とても寒い日でしたが、
焚きあげられた炎と振る舞われた甘酒、
教え子との出会い、
そして、帯島地区の
ハートフルな人たちとの触れあいによって、
身も心も温まりました。

帯島地区は県北で子どもの数が
増えている奇跡の地域です。

その秘密が何であるか、
この「どんと祭」を見て
少しわかったような気がしました。

ダイジェスト動画です。



 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1069-1a34c761