帯島スポ少がリアスリーグ制覇

『リアスリーグ』という岩手県沿岸部の
少年野球のチームを対象にした
学童軟式野球リーグがあります。

これは、被災地の復興を担う
子供たちの心の育成と、
野球少年の夢の懸け橋として
2012年に立ち上げられたプロジェクトです。

決勝戦はプロ野球千葉ロッテの本拠地、
QVCマリンフィールドという
夢舞台で行われるという特典があります。

今年の第3回大会は51チームが出場し
激戦が繰り広げられましたが、
何と!頂点に輝いたのは
大野の帯島スポーツ少年団なのです!!

12月24日に、
私は種市庁舎の総務課に出かけ、
来年度の事業の打合せを行っていたのですが、
ちょうどそのとき、帯島の選手たちが
町長のところに表敬訪問に訪れていました。

目を輝かせながら
爽やかに挨拶をする選手たちの姿に感動。

そういえば、彼らは、大野高校の
地区懇談会にも参加してくれましたね。

今回の経験はきっと皆さんの
大きな財産になるでしょう。

遅ればせながらおめでとうございます。

帯島スポ少


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1055-39e1756a