大工さんの知恵

今日はセンター試験。

皆さん普段の力が出せるよう頑張って欲しいと思います。

今年は、問題を会場でもらえないとのこと。
残念です。

さて、センター後には、いよいよ出願が始まります。

志望理由書や推薦書などを書く場面があると思いますが、

例えば、次の写真のような所見欄があったとします。
jyogi2-l.jpg
幅が、約4cmです。

今、ここに、5行にわたるコメントを書こうと思います。
あなたは、どのようにガイドの線を引きますか?

4/5=0.8 として、8mmずつ、測るでしょうか。

数学的な考えを使えば、そんなことをしなくても、簡単に
5等分できることがわかります。

そうです。
jyogi1-l.jpg
上写真のように、定規をナナメにして、5cmをとり、
1cmずつしるしをつけます。

jyogi3-l.jpg
それを、任意の2か所で行って、2点を結んでいけば

きれいに5等分されます。

これは、射影しても、線分の比は保存されるという
性質を利用した考えです。

例えば、平面座標の分点の座標を説明するときなど、
このような日常的な話題を示しながら説明すると、

生徒に、数学の有用性を示しながら、動機づけを
していくことができるのかもしれませんね。


 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/102-23357083