地区懇談会(帯島地区)

10月30日は、前日に引き続き、
地区懇談会(帯島地区)でした。

帯島地区は、大野の中で唯一
人口が増加している地区です。

スポ少の活動を終えた子どもたちが、
大人と一緒に参加してくれるなど、
地域としての一体感が感じられました。

たくさんの教え子との出会いもあり、
会が終わってもしばらく思い出話に
花を咲かせておりました。

今日も葛西先生によるウミホタルの
実験動画を紹介します。



このような形で
子どもたちに関わっていくことも、
地域の高校の果たす役割でもあるのでしょう。

残業手当も無い中、
喜んで取り組んでくれる先生方には
ただただ感謝。

今回のために、
私は大野高校オリジナルチョコを作りました。
皆さんに配るとき、司会者が
「子どもたち一人1個ずつとっていって」
といって箱ごとテーブルの上に置きました。

私はわっと群がると思っていたら、
子どもたちから「一番年少から順番に」と声が上がり、
ちゃんと学年順に持っていきました。

誰にいわれなくても自然に
そんなことができるなんて凄いなあ。

それは、道徳観や真面目さというより、
家族であるということだと感じました。

大人も含めて参加者全員に配ったところ
2個余ったのですが、
帰りに、小学校高学年の子が、
一番小さい子にもう1個ずつ配りたい、
と言いにきたので
「もちのろん」と差し上げました。

その子どもたちが、小学校のお兄さんと一緒に
笑顔でお礼をいいにきた姿が
とても印象的でした。

子どもは地域の宝だなあ。

さて、この日の地区懇談会のもうひとつの授業は
沼井先生の物理です。

葛西先生のウミホタルに続いて行われました。

盛りだくさんな内容でしたが、
冒頭の手回し発電機とエネルギーのロスの話の
ほんの一部を動画で紹介します。



この話は、実は、ウミホタルの発光実験の
エッセンスを受けているところもポイント。

私はこの授業を観て、
学年、世代を超えて行われる学びの価値、
そして、学びは遊びによって生まれること
などを感じつつ、
大野の未来の学びの形について
思いめぐらせていました。


この日も、昨日に続いて、ケイティさんが
参加して下さいました。
彼女のFBの記事を紹介します。

【大野高校主催の地区懇談会】
今日は帯島農村センターでの開催でした。
20名以上の帯島っ子たちが集まってくれて、
理科の実験コーナーは
賑やかに盛り上がりました🎵

そして、下町校長先生のお話に
真剣に聞き入る子ども達の姿に感動…😭✨

子ども達と地域の未来を考え、
自由な発想で話し合う大人達が増えれば、
そういう大人達を見て育つ子どもは
意識も変わってくるのではないかなぁ…
と感じました😄


ケイティさんありがとうございました。

ケイティさんのFBより写真をいただきました。

帯島地区懇談会04
ウミホタルに熱中!

帯島地区懇談会01
実験風景

帯島地区懇談会03
私の話も熱心に聴いてくれました。









 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/1001-300b4e7d