北海道の重心

最近数学ネタが少なくなってきましたので、

そろそろ数学の話もしていきたいと思います。

以前、北海道の重心を求めようと、次のような実験を
したことがあります。

写真で説明します。

糸に5円玉をぶら下げて、画鋲で任意の1か所を
とめて、糸をぶらぶらさせて静止させます。
hokkaidou1.jpg

糸になぞってサインペンで線を引きます。
この線の上に、釣合いの1点があるはずです。


次に、同じことを、別の場所で行います。
hokkaidou2.jpg

やはり、糸をなぞって線を引きます。
この線上に重心があるはずなので、
つまり、2つの直線の交点が重心であることがわかります。

kouten.jpg
交点の場所を見ると、そこは

ぴったり「富良野市」 でした。

391510ds.jpg
上の写真は、以前富良野に行ったとき、車の中から
撮影したものです。

そうです

「富良野」は「へその街」だったのです。


富良野市に爪楊枝を刺して、コマをつくってみました。
hokkaidou5.jpg
まわしてみましょう。


hokkaidou4.jpg
それはそれはよくまわります。

富良野が「へそのまち」といわれることを立証しました。

富良野観光協会のみなさん!
このコマは、いい町興しグッズになると思うのですが、
いかがでしょうか。  

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://simomath.blog.fc2.com/tb.php/100-aca32284