「みんなのための教える技術」

今日は、キャリア・クエスト様主催、
早稲田大学の向後千春先生による
「みんなのための教える技術」
(インストラクショナルデザイン
の理論と実践)のセミナーに参加しました。

実は、昨日、北海道の数学の全国大会で、
私が助言を担当した分科会では、
いわゆる「低学力」といわれる学校での
実践報告が中心でした。

学力が低く、そして学ぶ意欲も無い
という実態が赤裸々に報告されました。

そのような中で奮闘される先生方は、
本当に大変であると、心が痛みます。

でも、その中で、同時に私は、
確かに生徒の学力は低い
かもしれないけれど、
そこで、生徒の姿勢や、
中学校との接続の問題を言うだけでなく、
教師の「教え方」も
問題にすべきではないか
ということも感じました。

それは、別に、その現場の先生方を
非難しているのではなく、
自分自身の経験からのものである
ことを明言しておきます。

多くの研究会では、
知識や技能の習熟が困難な
生徒の実態に対し、
お互いに愚痴をこぼしあい慰めあうか、
あるいは、習熟度授業や、協働学習など、
何らかのメソッドによって
解決しようとする試みが取り上げられます。

でも、私は、そこでちょっと
立ち止まってみたいと思うのです。

我々教師の「教える技術」は
どうだったのだろう。

それを棚上げしていいのだろうか。

私は、昨日の、北海道の研究会で、
どうしても堪えられなくなり、
こんなことをいいました。

知識をたくさん持っていることが
教師の要件ではない。
そして、自分の感性や、
自分の高校時代の経験だけで、
「教える」ということが行えるほど
世の中は甘くない。
今、教師に求められるのは、
教科の力量とともに、

カウンセリング、コーチングの能力、
ICTスキル、心理学的アプローチ、
社会の変化やトレンドに対するアンテナ、
時に起業家のマインドなどではないか。

そういう自分は、欠けているところばかりだ。
だから勉強しようと思っている。


そんなわけで、今日の研修会は、
私にとってもタイムリーでした。

今日学んだことを、
自分に活かすだけでなく、
多くの先生方に広めていきたい
というのが今の正直な気持ちです。

そして、懇親会では、
結局、向後先生とは
お話する機会がありませんでしたが、
同席したプロジェクトカウンセラーや
コンテンツマネージャーの方と
深く話ができました。

以前、キャリアカウンセラーの
工藤倫子先生から『対面同席五百生』
という言葉を教わりました。

向かい合って同じ席で、
いっしょに話しをする機会に
めぐまれた人は
500回もこれまでの人生の中で
関わりを持っているということです。

偉い人と関わりを持つことに
奔走するのではなく、
半径1m以内の出会いを
大切にということですね。

話している内に、高校教育との連携や、
未来の地域創生と高校の在り方に
共感をしていただき、
連携の一歩が生まれました。

本当にいい経験ができたと思います。

さて、なんとなく寂しく
ホテルに戻ったら、
花火の音が。

思わず19階の部屋から写しました。

今日一日に感謝。


20150808花火ー02

20150808花火-01



 

永田町界隈

今朝は、ゆるゆると
永田町界隈を散歩しました。

朝からセミの鳴き声が凄いです。

20150808-05.jpg


都市センターホテルは、2月に泊まって以来2度目。

0808-03.jpg

国会議事堂や大使館などを見に行こうと思ったら。
厳戒態勢でだめでした。

20150808-02.jpg

そのかわり最高裁判所を眺めてきました。

20150808-06.jpg


そりゃあ、怪しい50男が携帯持ってブラブラしていたら
職質ですね。

内堀通りは、ランナーたちで溢れています。

20150808-04.jpg

20150808-01.jpg


ジョギングシューズを持ってくればよかったあ。
「皇居の周りを走る」を一度やってみたかった。

ミーハーですね。



 

日数教北海道大会から一路東京へ

仙台で行われた数教協の全国大会後、
昨日の夕方、札幌に到着。

北海道大会01

北海道大会02
昨日は岩手から参加したメンバーで軽く懇談会。
円錐をナナメに切断したモニュメントが気になります。



今日は、日数教97回北海道大会
に出席しました。

9時から17時まで、
第9分科会「指導法・評価②」
で助言を行いました。

北海道大会03
会場は札幌南高校。思いがけない出会いもありました。

合計8本のレポートが発表され、
その都度それぞれ10分の
助言タイムがあるというシステム。

助言者にも発表直前に
レポートが配られるため、
前もって内容を咀嚼できなかったので、
十分な助言ができたかどうか
不安ではあります。

でも、まずは、とりあえず、
与えられたノルマを達成いたしました。

興味深い発表もありましたので、
それは後日まとめたいと思います。

その後、20時千歳空港発の便で東京に移動。
飛行機が遅れたりして、たった今、
永田町のホテルに到着したところです。

明日から、東京で研修です。

今日の移動は、汗だくでした。

地下鉄では迷うし^^

今日はもう遅いのですが、
自分へのご褒美として、シャワーを浴び
ビールを飲んでぐっすり休みます。



 

「みんなのための『教える技術』」

第97回全国算数・数学教育研究大会が
8月6日から7日まで、札幌市で行われます。

大会要項はここから。

私は、高校の分科会(学習指導法・評価)の
助言者を任されていましたので、
明日から札幌南高校に向かいます。

そして、7日は、17:00に分科会終了後、東京に飛んで、
8・9日の土日には、
「みんなのための『教える技術』」という、
インストラクショナルデザインの理論と実践の
研修講座に参加します。

今、世の中は知識基盤社会だ、
グローバリズムだ何だと喧しく、
そして、教育現場でも、やれアクティブラーニングだ、
観点別評価だと、耳タコな毎日なのですが、

私は、そんな中でこそ、教師の「せんせい力」
の向上が必要ではないかと思います。

「せんせい力」とは、
簡単にいうと「教える技術」なのでしょう。

でもそれは、生徒を、「学校ルール」に従わせ、
自分の掌に乗せるための
テクニックではありません。

コーチング、カウンセリング、心理学、
変化する社会の要請、民間感覚、
ICTテクノロジー、
時に起業家マインドなど、
様々な要因を踏まえ、
教師が、自ら学び、
自己を更新していくことが、
まさに「せんせい力」を
身につけることと思います。

私は、今、
授業や部活動はしていませんが、
生徒、保護者、職員、地域住民、
行政などとの対話が増えていく中で、
今こそ、自分の「せんせい力」を
磨く必要性を感じています。

実際、このような「せんせい力」に
最も敏感であるべきは
現場教師であるはずです。

しかし、現実には、このような研修に
飛び込む教師は
非常に少ないと感じています。

その理由の第一は、多忙化です。
日々の授業や担任の仕事、
大量の分掌の業務、
そして放課後も土日も長期休業も、
部活や課外授業に追われ、
汲々としている実態があります。

しかし、敢えて言うならば、
教育現場は、ある種特殊な空間で、
民間のように、職域や業務の変化に応じて、
身銭を投じてスキルを磨かなければ
生活を失ってしまう
という危機意識がありません。

また、初任者研修や免許更新研修などの
管制研修が用意されているので、
自分に欠乏しているものが何かを自ら考え、
スキルアップに勤しむことから
距離を置く人が多いとも言えます。

また、自分の高校時代の経験や、
自身の感性、パーソナリティだけで、
生徒は言うことを聞くし、
上手に生徒を指導しているはずなので、
わざわざ自発的に研修を行う必要性を
感じていないという人もいるかもしれません。

そういう私も、いつもこうして、
偉そうなことを言っていますが、
自分自身、若い頃そうでした。

根拠のない「全能感」を持って、
自信満々で君臨していたこともあります。

生徒から反発されて
結局「力(権力)」で押さえつけ、
傷つけた生徒もいました。

そのときの痛々しい経験を思い出すと、
今でも胸がうずき、叫びたくなります。

だからこそ、ダメだった自分を反省し、
自分が学んで得たこと、更新できたことを、
こうして発信することが
私の務めだと思っています。

口幅ったい言い方ですが、
教師こそ、自分が「足りない人間である」
という自覚から始まって、
それを克服する努力をし続ける姿を、
生徒や社会に見せることが、
今求められているのではないかと思います。

今回の研修講座では、
JMOOCでアドラー心理学を学んだ、
早稲田大学の向後先生から、
今度はナマで学べること、

職種の異なる参加者と意見交流できること、

反転授業の手法を体験できること、

主催されるキャリアクエスト代表で、
雅な生き方でジャパニーズ・グローバルを
体現されている齋藤先生にお会いできること、

などなど、楽しみいっぱいです。



 

多面体の元素とDNA

今日で数教協の大会の最終日。
AMIサロンに参加しました。

私は宮城県立がんセンター医師の
佐藤郁郎先生の
「多面体の元素とDNA」の分科会に参加しました。

多面体に遺伝子構造を入れることで、
多次元の多面体情報が
代数計算によって簡単に求められるという、
非常に奇抜で画期的なアイデアに驚きました。

AMI0802-02.jpg

AMI0804-01.jpg


先日ブログにアップした、ハニカム構造や、
石鹸幕などが120度で安定する問題は、
プラトーの極小曲面法則や、
ミンコフスキーの舗石定理などで
説明されるのですが、その辺についても、
興味深い話がなされました。

数学と生物と物理と、そしてアートの融合。
感動しました。

しかし、あまりにも内容が豊富な上に、
PPTスライドのみによる高速の説明で、
しかも、30秒に1回は、
メモしたい珠玉の話がなされるので、
咀嚼が追いつきませんでした。

後で、先生のスライドをいただければ、
もう一度自分で見直して、
まとめたいと思います。
(できれば、ですが)

それにしても暑いですね。

最近、手放せないのがこの扇子。
昨年、盛岡三高の書道部に
作っていただきました。

0804-03.jpg


この夏でボロボロになるかも。


 

実践講座「確率・統計」

8月2日、東北高校で行った
実践講座「確率・統計のポイント」
の様子を紹介します。

この講座のアブストラクトには
こんなことを書きました。

「数学というのは積み重ね」
「わからなくなっている部分まで戻って、
徹底して積み直せば
大半の生徒は理解できる」
などという言葉がしばしば囁かれる。

数学が「わかる」とは、
「ある前提から矛盾なく推論を繰り返し
結論にたどり着くこと」
と言ってしまえばミもフタもないわけで、
「わかる」とは、
そう単純なものではないはずだ。

例えば今、「わかる」を、
「納得して気持ちよくなる」と定義してみる。
「気持ちよくなる」ためには、
数学の完全性や無矛盾性だけではなく、
そこに潜む面白さや、
操作や遊びの中での発見、
みたいなものがあると思う。

数学「教育」においては、ロジカルで、
ディダクティブな推論を
完璧に行うことだけではダメで、
教具やシェーマによる概念の「見える化」や、
知的好奇心に火をつけるための、遊び心
みたいなことも忘れないようにしたい
というのが私の授業スタンスだ。

そんな私の、ささやかな実践例を中心に、
確率やデータの分析などの内容から、
いくつかのトピックスを紹介しながら進めていきたい。

講座のスタイルもできる限り参加型の
アクティブなものを目指したいと思う。


講座の冒頭に、
「5枚のカードを一列に並べる」という活動から
展開可能な実践例を紹介しました。

この内容をアップして欲しいという
ご意見をいただきましたので、
拙いものですが、ダイジェスト動画をつくりました。




できるだけ短くまとめようと思ったことと、
許諾の関係から、
先生方の活動部分をカットしています。

この後グループワークで
「大野中学校の校歌を突き止める」
「対数と確率」などの話題に進みましたが、
こちらはまた別の機会で。

 

AMI全国大会2日目

今日は(というかもう昨日ですね)、
数教協全国大会2日目でした。

0803-02.jpg
東北高校の環境がとても素晴らしい

この日は、いくつかの分科会で勉強しました。

また、夜から、開会行事が行われ、
合唱や詩の朗読、そして、
憲法学者の樋口陽一氏の
講演会などが行われました。

PA0_0085.jpg
何と、全体司会者を、私の姪が努めました!
堂々たる進行ぶりに叔父さんは鼻が高かったです。


さて、今年の大会の注目すべき点は、
各分科会で授業動画を分析する
ということを行っていることです。

従来の研究発表は、
発表当日をターゲットにレポートを仕上げる
という形が多いのですが、
事前に授業動画を作成・編集を行い、
地区レベルでの研究会などを経て、
提出されるということで、点から線への
取組みになっていることが画期的です。

ベクトルの分科会では、一戸高校の
松田先生が授業動画を示しました。

0803-04.jpg

観ていたら、
どこかで見たことがある板書だなあと思ったら、
一昨年、私が出前授業を行った時のものでした。


整数の分科会で面白いなあと思った
実践を一つ紹介します。

名雪順一先生の発表です。

使い古しの私鉄の切符を用います
(駅員に事情を話して手に入れる)。


この切符の裏面に、
使い古しのホッカイロの土(酸化鉄の屑)を
パウダーにして振りかけます。

その後、土をふるい落すと、
何と、きれいにバーコードが浮かび上がります。

0803-01.jpg

16進情報(4ビット)になっていて、
表面の情報や、
他の切符の情報を調べていくことで、
購入日や金額などの情報を
ゲットしていくことができます。

因みに、この授業の元祖は名雪先生で、
20年以上前から実践されていたとのことです。

数学Aの整数に2進数が導入されたので、
今後、更に脚光を浴びる
授業になるかもしれませんね。


 

AMI全国大会

昨日から、数教協の全国大会のため、
東北高校小松島キャンパスに来ています。

昨日は、確率の講座をやらせていただきました。

2時間半もの長丁場でしたが、
参加者の皆さんのおかげで、
とても楽しく行うことができました。

やはり、ペアやグループ活動を
入れることによって、
モチベーションが高まることや、
知識を集めて、
確かなものにできることを実感しました。

講座で話したことは
また後でまとめたいと思います。

この大会は、全国から一騎当千たる
実践家の方と交流できることが楽しみです。

0802-07.jpg

0802-08.jpg
ユニークな教具がおもちゃ箱のように
展示されています。


今回も多くの方々と交流することができました。

0802-06.jpg

足立久美子先生が折り紙で「東北に虹を」
というプロジェクトを行っていました。
足立先生とは、先生が田園調布雙葉高校
にいらっしゃったときから、お世話になっています。
震災後は、何度も東北に支援をいただきました。
昨年は、岩手県教委主催のセミナーにも
講師で来ていただきました。

0802-02.jpg

音楽家でもある広島の河村旬一郎先生から、
圧巻の「数理音楽入門」の
自作教材をいただきました。

音楽の中にある数理をこれほど丁寧に
わかり易くまとめているものはないでしょう。

私は、河村先生とカナダのケベックで
行われたICME7(国際数学教育者会議)で
ご一緒させていただいて以来、
彼から数学と音楽について
多くを学ばせていただきました。

0802-03.jpg

私のブログのハニカム構造の話を
読んでいただいた、
愛知の岡崎高校の広田祥治先生から、
何と、本物のスズメバチの巣をいただきました。
遠路から、わざわざ持ってきていただきました。
ありがとうございます。

広田先生は西三サークルという
杜陵サークルが目標としている数学サークルで
つねにクリエイティブな発信をされています。

こうして見ると、
本当に精密な六角形の構造ですね。

ピラミッドに円周率が潜んでいることが
不思議だとよくいわれますが、
それなら、蜂の巣はもっと神秘ですね。

蜂は六角構造を知っているわけはないのに、
それが自然に生じるのと同様、
古代人は円周率を知らなくても
ピラミッドに円周率が生じることは、
不思議なことではありませんね。

0802-04.jpg

懇親会で、久しぶりに
野崎昭弘先生にお会いし、お話しました。

野崎先生は今年、春の叙勲で
瑞宝中綬章を受章されました。

私は高校時代、
先生の本で数学の楽しさに目覚めました。
中でも、50万部ベストセラーの「詭弁論理学」、
日本翻訳文化賞を受賞した
「ゲーデル・エッシャー・バッハ」の超訳
(はやしはじめ・柳瀬尚紀とともに)、
安野光雅氏との共著の「あかいぼうし」
などの数学絵本など、私は愛読しています。

不完全性定理や、組合せ理論、
グラフ理論も先生の著書で勉強しました。

野崎先生は、世界的な数学者でありながら、
自身の名誉やお金のことには見向きもせず、
人々の平和や、子どもたちの未来をいつも考え、
全国で地道な実践をされている
学校の先生方にスポットライトを当てて、
教育を変えようとしている、
本当に尊敬すべき先生です。

0802-09.jpg

神奈川大学の何森仁先生と。
この日も楽しく飲みながら
先生のお話を伺いました。
何森先生は、セッセンサーやサイドタはじめ、
現場ですぐ役に立ち、しかも数学的な考えや
数学の楽しさを実感できる教材や教具を
開発する天才です。

実は、また今度、凄い教具を●十万かけて
作成したとのことです。
公開が楽しみです。


そのほか、本当に多くの方々との出会い、再会
があり、充実した一日でした。

ちなみに、仙台はもうじき七夕が始まりますね。

0802-05.jpg
(仙台に住む私の姪も参加しています。姪から道案内をしてもらいました)

今日も、楽しい実践を発見しに、
大会二日目に参加します。


 

星空コンサート

昨日は、「ひろのまきば天文台」で行われた
第6回北のハーモニー星空コンサートに
出演しました。

私が所属しているのはグリーンエコー。
結成25年という歴史あるグループです。

眼下に広がる大草原をバックに、
そして星空を仰ぎながらのコーラス。

本当に、贅沢な時間です。

「まきばの子牛」という曲に入る前に、
「あっ、あそこに牛がいる。あっちにも、こっちにも」
というセリフがあり、
それにあわせて、我々もあちこち指をさす
という前振りがあったのですが、
本当にあちこちに牛が、
のんびりと草を食べている風景が目に入り、
指をさしながら思わず微笑んでしまいました。

ちょっとした前振りを入れたり、
太鼓が入ったり、
ラストでは、ハプニングを用意したり、
とても楽しい内容だったと思います。

三浦先生の素晴らしい演出力でした、
そして、先生の本当に皆を楽しませる
指揮に感心しながら、
気持ちよく伸び伸びと歌うことができました。

私は、この4月からグリーンエコーに入り、
週1回の活動を行っていました。
そもそも、合唱の経験がほとんどない私ですが、
講師の三浦先生の、
いつも楽しい気持ちにさせてくれる指導と、
周りの皆さんの温かい心遣いで、
なんとかここまでたどり着きました。

爽やかな夏空の中、
そして、多くの大野高校生はじめ、
ハートフルな大野の人達に見守られ、
楽しく歌い終えることができました。
温かい声援ありがとうございました。

途中でどうしても、
紫波の自宅に戻らねばならず、
後ろ髪を引かれる思いで、
天文台を後にしました。

大野高校の吹奏楽部の「星に想いを」を聴けず、
そして、十六夜の名月を、
51cmの天体望遠鏡で観ることができず残念!

0801星空01
天文台長の阿部さんの挨拶。
水上町長さんもかけつけてくださいました。


0801星空03
私たちの前に演奏した、レクイエム・プロジェクト北いわて合唱団
レクイエム・プロジェクトは、阪神・淡路大震災の犠牲者
追悼のために2008年に神戸で生まれました。
自然災害のみならず、戦争で傷ついた地域にも広がり、
全国各地に広がりをみせている合唱プロジェクトです。


<グリーンエコーをフィーチャーした動画です>